スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAKAKOさんのヒーリングを受けて

ちょっと前ですが
TAKAKOさんのヒーリングを受けてきました。

http://ameblo.jp/08heart-to-heart17/entry-11151163681.html


TAKAKOさんのヒーリングは

まず、私が悩んでいることとか、望んでいることとか、いろいろ話をしなければなりません。


正直、え~、自分が話さなきゃいけないのか~(-_-;)

という感じでした。

言葉には出しませんでしたが・・・。



その【言葉には出さない】

というのがまさに私のキーポイントでした。


少しずつ、ありきたりのないことから話し始めていくと

少しずつ、TAKAKOさんが核心へと誘導していってくれます。


え~っと、母の介護で大変なのと~、仕事のことと~、
お金のことと~、あとアウェイクニングが~

みたいに淡々と話をしていたのですが


TAKAKOさんは


淡々と話しているのですけど、苦しみとか、すごく欲しいっていう感覚が伝わってきます。

小さい子供が壁にはばまれて、何もできない

何をしても伝わらない、と思っているのが見えます。


みたいな…


ああ、見抜かれた~ガーン


年の離れた姉が3人
その他に小学校の先生をしている叔母
それから両親と祖父

女5人に囲まれて、「かわいがられて」育ちました。

そう、末っ子の長男と言うと

みんながかわいがられたんだろうね~

みたいに言うもんだから、

私も、自分はかわいがられて育ったんだ~

と思っていました。


あるとき、別の意味で自分は「かわいがられていたんだ」

( ̄□ ̄;)

ということに気づいたのでした。


強者が弱者を「かわいがってやろうじゃないか」というときの意味。叫び


6歳、9歳、12歳、年が離れた姉たち

自分が6歳のとき、12歳、15歳、18歳です。

ケンカしても相手になるはずがありません。


話そうとしても話させてもらえない。

聞いてもらえない。

意見を押しつけられる。

話しても通じない。


そうやって、いつしか話さない子供になっていました。しょぼん


大学受験のときに、自分にとっては大事件が起こって

結果的にそのときから人生をあきらめてしまった、

と思っていたのですが


実は、もう小さいときから、ある意味人生をあきらめていたんじゃないか。


そんなことも浮かんできて、いつしか涙ぐんでいました。


きっと女の人だったら号泣してたんじゃないかな。あせる



子供のときのことにフォーカスをあててもらって

それからはいろんなことが思い出され

最初はなかなか言葉が出てこなかったのに

どんどん話しているうちにあっという間に1時間が過ぎていました。


TAKAKOさんいわく

感じないようにしてしまっている。

きちんと話さないようになっているので、言葉に出す、話すことが重要だよと。


具体的な言葉は忘れてしまいましたが

のどのところにいろんな思いが詰まっていて

エネルギーが詰まっているみたいなこと言われました。


一番最後に、真剣な顔で


今が正念場だよ、と



そのあと、ホテルでぐったりしながら

極力、感じられなくても感じるように努めて

サムスカーラシュッディをしていたつもりだったんですけど

そのときは、首のまわりのエネルギーの固まりが

まるで鎖に繋がれた首輪のような感じがしていました。


喉のチャクラに集中しようとしても

集中できなかったのですが

その翌日の夜くらいからだったかな。


少しは浄化されたのか

喉のチャクラに集中することができるようになっていました。



少しは進んだかなニコニコ
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。