スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【浅田真央というあり方3】

フィギィアスケートでの採点の疑惑

今回の採点は、バンクーバーの時ほどひどくなかったし

日本には直接関係なかったからね。


韓国の方で騒いでいるのを

対岸の火事みたいに比較的冷静に見ていられる。


で、キムヨナの採点疑惑を騒ぐのはみっともないよ

みたいな投稿も、よく見かけるんです。


それはわかります。


特に、採点のことからエスカレートして

キムヨナの人間性批判みたいになっているのを見ると

さすがにそれはまずいでしょ、と思ってしまう。


仮に今回、疑惑と言われていることが本当にあったとしても
キムヨナが直接やったわけじゃないでしょ。

だから、人間性批判は論外。

今回、韓国の人たちが、キムヨナは金メダルだって言ってるような
根拠のない非論理的なものも論外。



だって、冷静に見たら、ソトニコワさん、減点されるべきはちゃんと減点されてるし
そもそもキムヨナの方が基礎点低いんだから。
レベルだって取れてないし。
だから「もっと低い点をつける」と言ったタラソワコーチの意見が的を得ていると思う。


そうなってくると、3位のコストナーが実は2位だった可能性が浮上してくるわけで。
でもイタリアやコストナーから不満の声は見当たらない。


コストナーも浅田真央と同じように
メダル争いの次元から一歩抜け出してるってことか。


オリンピックで自分が満足した演技ができた!
さらに、それが評価されてメダルも取れた!
これからは素敵なパートナーと新しい人生を歩んでいく。
そこまでしてメダルがほしいんならどうぞ。



そんな感じなんだろうか?


女子フィギィアスケートに関しては
メダルの価値が微妙に変わってきているような気がするのは
私だけでしょうか?


ソトニコワの金メダルの価値は、燦然と光り輝いていますけどね。


さてさて。

長くなってもきちんと完結させないと
自分に、あとあとストレスがかかっちゃうんで
話を元に戻します。


人間性批判は論外。
非論理的な主張も論外。


そこまではいいけど
きちんと論理的に検証して
採点に疑問が残る!
と主張すること
までいけないんだろうか?


それはいいよね?


うん。


それはいいと思うんだ。



ん? 



またマインドに偏ってるかな?



深呼吸、深呼吸。




正義、善悪、正しい、間違ってる



こんなこと言い出したら、一度立ち止まって
深呼吸したほうがいい。


さて。


こういう議論が必要な部分は、あると思うんだよね。

検証してまとめてくれたからこそ、自分のようなフィギィアスケートの素人でも知ることができるし
今後の採点の在り方にも、間違いなく影響は与える。

だから、今回のソチオリンピックの採点は、だいぶまともだよね。

ただ、それはそれとして

浅田真央ちゃんは、
そんな対立とか疑惑とか
全部超えちゃってる。

たしかにメダルは取れなかったけど

逆にそれだからこそ

メダルにこだわっている
マスコミや国や我々に対して
見事にメダルの価値を相対化して見せた。

メダルとか採点とかを超えた感動を与えてくれた。


でも、それはものすごい努力に裏打ちされたものだ。

あの採点がおかしい。これがおかしい。
いつまでもそんなことにこだわっいては、前には進めない。

過去の疑惑とかにはとらわれず
超人的な努力で前進し続ける


浅田真央さんのあり方
いろんな面で私たちに大きな示唆を与えてくれている、と思うのです。



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。