スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の認知症

実は7月17日の結婚セミナーのあと

いろいろな事件が起こっていました。


20年間無事故無違反だったのに

高速道路、覆面パトカーにつかまって反則金15000円ガーン


とか…


母の何気ない言動に腹が立って、久々に怒りが爆発したり…むかっ


とか…(・◇・)ゞ


母はもう84歳。

数年前に頸椎の手術をしたことで、動作がぎこちないのですが

何とか歩いたり、自分の身の回りのことをしたりすることはできていました。


それでも、頭はしっかりしていたので

認知症のことは考えてもいなかったのですが

少しずつ、あれ?

っという感じで

これまで自分でできていたことが、わからなくなったり

ということが見受けられるようになりました。


そして、7月26日の夜。


父の方は、89歳。

元気で、母の世話をしてくれていたのですが

足がむくんで腫れあがってしまったので

足湯などをしながら、ヒーリングしていました。


すると、気を引こうとしたのだと思いますが

異常なほど水を飲みまくり

立て続けにトイレに行くからと父を呼び出し

(トイレに行くとき付き添ってもらうのですが、父でなければダメだというのです)

そうこうしているうちに自力で立っていられなくなるということが起こりました。


ああ、こりゃ認知症の初期症状だ。

と思って、姉たちに連絡。

7月末からこれまで、協力してもらって病院に連れて行ったり

なんだかんだバタバタしていました。


振り返って考えて見ると

かなり前からそうした兆候はあったのだと思いますが

気がつきませんでした。


病気・・・

しかも認知症の相手に腹を立てても仕方ありませんから

認知症に気づいてからは、何があっても母にやさしく接するようにしています。

ちょっとイラッとすることはありますが (-_-;)



認知症の母


それまでとまったく人格が変わってしまったりする

ということもあるようですが


私の場合は、これまでの母の生き方・考え方が

今回の認知症の結果を生みだしたように感じられました。


そのことを悪く言うこともできますが

結局は自分の鏡ですからね~


自分の中にある、母の要素を感じながら

少しでも受け入れて浄化できるように努めています。



結婚セミナーのあとに、こうしたことが表面化したというのも

なんとなく納得。

母との関係がうまくいかない人というのは

女性との関係もうまくいかなかったり

ということがあるらしいですからね~。



まだ現在進行形ではありますが

父のことも含めて、いろいろなことが急激に

しかもスムーズに、あまり努力することなく

進んでいっているという感じです。

スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。