スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八重の桜とFX

熱心に見ているわけではありませんが、両親につきあう形で
何となく「八重の桜」見てます。

綾瀬はるか、いいですよね。(^◇^)

綾瀬はるかと言えば、何と言っても「おっぱいバレー」・・・(^▽^;)
かもしれませんが、私は「僕の彼女はサイボーグ」
が好きです。

それはともかく、あまり歴史は得意ではなかったので
当然、幕末のことについても断片的な知識しか持っていませんでした。

ですから、会津や白虎隊のことについても
白虎隊が城が燃えていると勘違いして集団自決したこと
くらいしか知りませんでした。

我が、茨城県、水戸藩に関しても、
桜田門外の変を起こした、あまり理知的ではなく、血の気の多い
愚かな人たち、みたいなイメージを持っていました。

あっ、表題の八重の桜とFXってどういう意味かっていうことですが
要するに、あとから結果論で見た場合と
リアルタイムで見た場合とは、全く違う
ということを言いたかったのですね。

会津藩に関しては、ま、今回の八重の桜を見る限りにおいては
会津が何か悪いことをしたとか、判断がまずかったとかいうことではなく
やむを得ない形で、結果的にあのようになってしまった
ということがわかりました。

桜田門外の変に関しても、最近「桜田門外の変」という映画が出たもので
一応、私も地元でロケが行われた映画ですから見たわけですが
当初思っていたイメージとは全然違いました。
その時点で、その立場で、真剣に日本の未来を考えての行動のひとつだったんだな、ということは理解できました。

FXなどでも、あとから見たら、あれがトレンド転換の境目だったんだということがわかりますが、その時点では、トレンドがハッキリするまで、わかりません。

だから何なのか、というと結論はないんですけどね。

綾瀬はるかが、銃を手にして城に向かうシーンを見て
カッコいいなと。
(*^_^*)

当時としては、女性が戦うなんてありえない状況だったわけですが、
それでも、やむにやまれぬ気持ちで
世間の常識にとらわれずに、おのれの信じる道を進んでいる、
ってかっこいいよな。

やはり、自分がやりたいことをやるしかないってことですよね。

(^◇^)
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。