スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクトWAKYO総会(中国の現状)

昨日、NHKで中国で地方における紛争の特集をしていました。
成果を上げて認められたい地方官僚。
土地を取り上げられ、生きていく道がない民衆。
みんながまとまって要求を通す、みたいなことも知らない。
中央官僚は、どのように対処したらいいのかわからない。
そんな状況の中、民間で、地方官僚と民衆との間に立って、民衆の意見をまとめて地方官僚との妥協点を図る活動をしている人のドキュメンタリーでした。

昨日のプロジェクトWAKYOでも中国のことについても触れていました。

問題のない範囲でシェアしますね。

で、やはり現場に行ってみないと本当のことはわからない。

S氏は今年1月、尖閣諸島の問題で騒がしい時期に北京に行ったそうです。
一緒に行った人たちは
「暴動に巻き込まれるんじゃないか?」
「危険な目にあったらどうしよう」
みたいな不安を抱えていたようですが、行ってみたらまったく問題はなかったそうです。
むしろPM2.5のほうがきつかった(>_<)

中国の一般の人たちは、尖閣諸島なんてそんなに問題にしてない。
もともと、日本人がもっている「国」という感覚がないそうです。
何回も何回も王朝が変わって、今、中国共産党になっているだけ。
富裕層の80%は外国に行きたいと考えている。
だから、民衆にとって、尖閣なんてどうでもいいのです。

「あいまいなままにしておくのが一番いい解決法だよ。」
良識のある人たちは、ちゃんとそんなふうに考えているそうです。

ただ、中国の人たちにとって「国有化」というのは「占領した」という意味にとられる。これはちょっと黙っていられない、ということのようです。

で、本題。
中国の人にとっては、尖閣のことよりも国内のことが大変なんだ。
都市部と田舎の所得格差が6倍になってる。
4倍を超えると暴動が起きると言われているが、すでに各地で暴動が起こっている。

2015年から生産人口が減少に向かう。
日本より大変な高齢化社会に急速に向かっていく。
しかも、日本のような年金、貯金、保険等が整っていない状態で。

といったことらしいです。

中国もこれから大変そうですね。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。