スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こんなものいらない!】その6 マスコミ

ちょっと大きな話題なんだけど、チャレンジしてみます。

マスコミって、権力者が一般大衆をコントロールするために使っているようなものだって思ってました。
ジョージオーウェルの1984で描かれているような世界。
あるいは、扇情的に報道する北朝鮮のテレビとかもそうだし、中国共産党なんかも情報がコントロールされているイメージがある。
題名は忘れたけど、映画の中なんかでも、そういう側面が描かれていたりする。

日本だってそういう側面はあって、記者クラブみたいなところで流された情報とか、〇〇関係者からリークされた情報とかによって、影響されてしまう。

東日本大震災の時の報道はひどかったよね。
正しい情報を流さないばかりか、ネットで流れている正しい情報を信じないように、みたいな報道がたくさん見受けられました。

それはそれで、ひどいもんだけど、まともな人は、だいたいそんなもんだって思ってくれていると思うんだけど、甘いかな?

中国の報道は統制されているけど、中国の人たちは、本音では信用していないから、本当の意味では洗脳されていない。
でも、日本人は、報道を正しいって信じてるから、逆にしっかり洗脳されてる、みたいな話を聞いたこともある。


でも、そういうことだけじゃないんだ。

実際マスコミの報道の仕方を、当事者として経験したことがあるかな?

はっきりいって、論理的、科学的な方法では報道してくれません。
何のことかっていうと、マスコミが報道したい方向性があるとすると、それに合わせて映像もインタビューも編集してしまいます。

全体として正しいことを言っていたとしても、編集することでイメージを悪くすることなんて簡単です。
相手から悪いイメージを引き出そうとしたときは、
話を聞くときでも、相手が話しやすいように聞くなんてことは、まずしません。
いかに相手から失言を引き出すか。
失言を引き出すことができたものなら、大成功。大スクープです。

そうやって、何人も、優秀な政治家などが、つぶされてきたように思います。

マスコミの方たちは、正義感をもって、それが正しいことだからって、がんばっているのかもしれないけど、優秀な政治家をつぶして得をするのって、官僚とか、外国とかでしょ。
日本の一般大衆が得をすることはないような気がするんだけど。

最近、初めて靖国神社に参拝しました。
靖国神社に政治家が参拝すると、大問題みたいに報道されます。
そういうことでなんとなくイメージが悪かったのかもしれません。
いろんな神社に参拝していましたが、何となく靖国には行っていませんでした。

でも、どんなところでも、実際に行ってみないとわかりません。

初めて靖国神社に参拝して、ご神体の鏡の前に座って参拝したとき
その圧倒的なエネルギーに素直に感動しました。

「凛の国」という本のことも以前紹介しましたが、学校教育とかマスコミとかが何となく流している、日本は侵略戦争をした悪い国だ、みたいなイメージ。
それがはたして本当なのかどうか。
一度、真剣に学んでみた方がいいと思います。

森前首相が、かなり以前「日本は神の国だ」と発言して、マスコミに叩かれたことがあります。

そのころは私も、何バカなこと言ってんだろうな、と思っていました。
正直言って、神道も、バカにしてましたから。
神道なんていったって、もともとは人間だった人を祀っているんでしょ、みたいな。

でも、伊勢神宮に参拝したとき
その圧倒的なエネルギーと存在感を肌身で感じたとき
日本は本当に神の国だったんだ、って感じたものです。

マスコミいらないの話から、神の国の話になってしまいました。(^_^;)

でも、見えない世界のことも、昔の日本の素晴らしさのことも、正しく伝えようとしないのがマスコミです。

マスコミなどから教えられる情報の中に、答はありません。

答は自分の中にあるし、正しい情報は信用できる人からもたらされるのです。
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。