スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅見帆帆子と内藤加奈子

一見、まったく正反対に見えるこの2人。
共通点は、どちらも美人だってことと、なぜか長倉顕太さんとつながっていること。
きょう、浅見帆帆子さんの講演を聞いて、もうひとつ共通点が見つかった。

以前から、そうだったと言えばそうなんだけど、
帆帆子さんも、自分が気持ちがいいこと、楽しいこと、ワクワクすることを選んでいけって言ってる。

その表現の仕方には、強弱があるけど
「直感的に、おもしろいと思ったことには、ためらわずにのっかっていけ!
違ったとおもったらやめればいいだけなんだから」

これって、他から何と言われようとも、自分の気持ちのいいことを追及する内藤さんと、過激さの度合いは違えども、本質的には同じです。

帆帆子さんは言います。

人と会った時に、初対面であるにもかかわらず
わけもなく、なんか違うな、という感覚があった場合。
それは偶然ではなく、何らかの意味があると。

そして、それぞれの人にとって、一番わかりやすい方法でサイン、今の考え方で良いよというサインが来る、と。

講演で、この話を聞けたこと自体が私にとっては一つのサインでした。

そして、きょう泊まった宿のトイレで、こんな張り紙を見つけました。

これって、サイン、ですよね。

「はじめの1歩」の大切さ

今、踏み出した1歩は正しいと。

社会投資家への道
スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。