スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アナと雪の女王を見て・・・愛と恐怖】

アナと雪の女王

http://ugc.disney.co.jp/blog/movie/category/anayuki

英語の表題は「FROZEN」
何ともストレートだ。

確かに日本で、この直訳では通用しないね。

さっそく見てきましたよ。

さすがアカデミー賞
見事な映像です。

そしてアカデミー主題歌賞をとった歌。

うん。ぼくは字幕版で見たんだけど
ホームページでも聞けます。
それまで何年も押さえてきたものを解き放った時の歓喜の歌
それはそれで感動的です。

でも、それではまだFROZENなんだ

この映画の主題はLOVE&FEAR

だと思うんだ。

愛と恐怖・・・


この映画を見て

はたしていかにしたら愛で恐怖を乗り越えることができるか


そんなことを考えてしまいました。


韓国は恐怖で凝り固まって
おびえてわめき散らしてるようなものです。

アメリカだって北朝鮮だってそうですよね。
日本だってそうかもしれない。

愛は恐怖を乗り越えられる!
・・・
と言うのは勝手ですけど
そんなに簡単な話ではないことは重々承知です。

まあ、普通に考えて無理ですね。

でも魔法が使えるのだったら、
そんな夢を描いてもいいかな


そんなことを夢見させてくれる映画でした。
(^_^)v
スポンサーサイト

【ジョバンニの島 見てきました】

まったくチェックしてなかった映画
http://wwws.warnerbros.co.jp/giovanni/

3月9日の「たかじんのそこまで言って委員会」で
この映画に触れていたので、勢いで見に来ました。

うんざりするほど宣伝打ちまくってヒットさせてる最近のスタジオジブリと比べても遜色ない。
思っていたよりかなり良かった。
こちらの方がよかった面もありそうな…。

背景画も、かなりしっかり考えて描かれている。
ストーリーも、奇をてらったところもないけれど
ロシアを非難するでもなく、悲惨さにフォーカスするでもなく
それぞれの人物がしっかりと描かれてる。

北方領土の映画。
難しいテーマだと思うけど、そう。こういうスタンスがいいよなあ。

まったく期待していなかった分、余計に心に沁みました。

いい映画でした。(^◇^)

たかじんのそこまで言って委員会 

たかじんのそこまで言って委員会

最近まで知らなかったんですけど、おもしろい番組があったんですね~

3月9日放送分のyoutube
笑いながら拝見しました。

http://www.youtube.com/watch?v=18y5BrV60FY


特に田嶋陽子さんがめっちゃおもろい。

よくあれだけ自分の意見に固執できるものだ。

これが正しい!これが正義!

みたいなものがあるんだろうね。

それに反する情報には
意図的なのか無意識なのか
耳に入らない、ってことなのか?

番組を見ているときは
私もおもしろくて笑ってますけど
自分も似たようなもんだよなあ
と思ったりします。

もともと、「偶然」普段見ようともしない国会中継で
石原元官房長官に対する歴史的な質疑
リアルタイムで見てしまったことから始まって
いろいろ調べているうちに止まらなくなって
今、自分でもどこまで行くのかわからないけど
どんどん深入りして行ってます。

よく言えば集中力がある。

集中するとまわりのことが気にならなくなって
時間のたつのも忘れるほど集中してしまう。

受験勉強とかでは結果が出せるんだけど
その反面、まわりが見えなくなるところがある。

そんなんだから
いろんなものに引っかかるんだろうなあ

とは思いつつも、今はもうちょっと
この勢いで、深入りして行っているのです。

【櫻井よしこさんがすごい!!! 第4弾】

今回は討論ではありません。

私が櫻井よしこさんのファンになって
まだ何日もたっていませんが
こんな私のかすかな情報発信に対して
読者の方から教えていただいた情報です。

ありがたいですねぇ。

第26回「正論大賞」贈呈式 櫻井よしこ氏「浮沈の危機 力尽くす」
7分の映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=0_zzwH5uEVQ


いろいろと調べていく中で
私にも「日本の現状」というものがいろいろと見えてきました。

たとえそれが正論であっても
政府にはそれをそのまま主張できない
いろいろな理由があります。

ですが、民間であれば
そう、私のように影響力もない
小さな個人であればこそ
何の気兼ねもなく情報発信ができるのです。

その数が増えていったとき
そして、以前の私のようにマスコミに洗脳されていた人たちが
あれぇ、おっかしいぞぉ~
と気づきだしたとき日本は一気に変わっていくはずです。


ま、大上段に振りかぶっても仕方ありませんから
これまでのように、ぼちぼちと
私が思ったことを遠慮なく情報発信していくつもりです。

(´ー`)y─┛~~

【櫻井よしこさんがすごい!! 第3弾】

第3弾ってことは、当然1と2があるわけで
よろしかったらそちらもご覧になってくださいね。

1つ目は約15分
2つ目は75秒
そして今回は約42分の映像です。

もともとは、NHKでの3時間にわたる討論会。
櫻井さんの発言を中心に42分に編集されています。

http://www.youtube.com/watch?v=SwNlo7zZUPM


圧巻です。

いかなる議論に対しても
圧倒的な知識量で資料に基づき冷静に反論します。
その話し方は非常に礼儀正しく凛として論理的です。

相手の論客の方が、いきりたち、激昂して
感情的に話しているように見えます。


NHKの司会者に発言の機会が与えられなくても
発言の途中でさえぎられても
相手の論客が櫻井さんの質問に答えなくても


与えられた発言の中では
つねに礼儀正しく、冷静で、論理的です。

相手と戦うばかりではなく
謝るところは謝り、
そのうえで主張するところは主張する。

見事です。

しかし、どうしても私には、
NHKは意図的に櫻井さんの発言を制限している
ように見えてしまいます。

相手は自分の主張を言いっぱなしで、それに対する反論の機会が与えられない
というのは、あきらかに公平ではないです。


NHKは公正な報道機関ではなかったんでしょうか?

もちろん、わかってますよね。
(^_^;)


さて、ここで南京大虐殺の話が出ています。

櫻井よしこ氏がこの討論の中で提示している本はこちらです。

○「南京事件」探求 北村稔 文藝新書
○新「南京大虐殺」のまぼろし 鈴木明 飛鳥新社


「新『南京大虐殺』のまぼろし」はアマゾンでは中古本だけです。
大きな図書館には置いていると思います。
現在新書版で復刊された「『南京大虐殺』のまぼろし」
初期のものなのか「新」の内容なのか、まだわかりません。

これから南京大虐殺に関して勉強していくつもりです。

ではまた

【櫻井よしこさんがすごい! 第2弾】

「わずか75秒で慰安婦問題を切る」櫻井よしこ氏魂の叫び
http://www.youtube.com/watch?v=UCOIxwQRf48


またしてもきちんと資料にのっとって、冷静に論を展開しています。

で、こういった資料から見える日本人の姿は
私たちが思っている日本人にとてもぴったり符合します。

確かに、日本人の中にも悪い人、力を誇示するような人はいますが
全体として、礼儀正しく、規律を守り、和をもって尊しとなすのが普通の日本人です。

これはイメージですけど、婦女子を力づくで連れてくる姿は
武士にあるまじき、武士道に反する行いのように思われます。


【櫻井よしこさんがすごい!】

ちなみに私は、これまで政治とか経済とか歴史とか
あまり興味がなくて、
だから、なんとなく朝日新聞は知識人が読むべきもので
知識人というのは左寄りの人で
右寄りの人は保守的で、
それはイコールいい印象を持っていませんでした。

櫻井よしこさんは保守的で右寄りの論客だと思っていた私は
なんとなく毛嫌いしていました。
したがって、これまで櫻井よし子さんの文章を読んだことはありませんでした。


人をレッテルで判断してはいけないな、
と改めて思いました。


そう。文章を読んでもいないのに、
レッテル=他の人の評価でその人を判断してしまう。
これがいかに危険なことか。


その評価した人が、まともに評価していれば、まだマシですけど
その裏に何らかの悪意がある場合などは悲惨です。


櫻井よし子さんの映像、第1弾です。

「櫻井よしこ氏 従軍慰安婦の嘘を暴く」
約15分の映像。

http://www.youtube.com/watch?v=6NiU_zGChB4

画像の質が悪いですけど
櫻井さんの冷静な語り口。

見事です。

櫻井さんは韓国側から何を言われても
圧倒的な知識量と根拠を示して見事に反論しています。

それなのになぜかNHKの司会者は話題を変えます。
私には、どうみても韓国側が不利になったから、としか見えません。

それでも全く動じることなく、常に堂々と論を展開しています。


テレビなどでは、論客が互いに熱くなって怒鳴りあうようなシーンがよく見受けられます。

しかし、議論というのはこうやってやるものだという見本を見せていただいているようです。


これまで正しいと思っていたものが、ガラガラと崩れていき
「保守的」「右傾化」というレッテルで良い印象を持っていなかった人たちの方が
どんどんまともに見えてくるようになっています。

また櫻井よしこさん第2弾、いきますよ。

【永遠の0はいかにして生まれたか?】

百田尚樹さんの講演会です。

他の人がいるところでは見ない方が良いです。
前半、笑いをこらえるのに苦労します。

http://www.youtube.com/watch?v=2eYYvKByxNw

後半は、著者が永遠の0を書いた思いが語られています。

実は、私も百田尚樹さんと同世代です。

私の方がちょっと年下ですが
私の父も、百田さんの父と同じ大正生まれ。

百田さんの話を聞いて、あらためてまた父に感謝する気持ちが湧いてきました。

【韓国の実情・・・、まさかこんなに・・・( ̄□ ̄;)】

知らなかった
(; ̄ェ ̄)

ここまでひどかったなんて…

これじゃあ、国民の目を外に向けなきゃ持たない。

なりふり構っていられないってことか。

我々も、いかにマスコミにやられてるかってことだね。

http://www.youtube.com/watch?v=ZK5RY5rIGs8

【ちょっと反省…】

いや。σ(^_^;)

まともに慰安婦問題とかに反論してたら
相手と同じ土俵で戦うことになっちゃうから
結局、相手と同じレベルになっちゃう


っていうことはわかってたんですけどね。

だから浅田真央ちゃんに注目してたんで…

でも、いろいろ調べているうちに

なんだこりゃ!
( ̄□ ̄;)

って情報がどんどん出てきて

それに巻き込まれていって
黙っていられなくなって
書きまくってました。

非論理的な誹謗中傷とかにならないように
注意してたつもりだけどね。

ただ、いい気分ではない自分は意識していました。

みんな、もうこんなこと知ってたのかな?

あたしゃ、これまで無関心でいたもんだから
いざ、調べてみたら
なんだこりゃ!!!
( ̄ロ ̄lll)
の嵐!


つい集中してしまって
いつのまにか巻き込まれて
黙っていられなくなってました。

相手と同じ次元に巻き込まれて
かなり嫌な気分になってました。

ちょっとまずいかなと思う自分はあったのですけど
止まりませんでした。

ちょっとここで
いったん止まって深呼吸
することにします。

身体中にイヤ~な緊張が溜まりまくっていました。

マインドを使うのが得意な方なので
ついはまってました。

すみません。
Σ(´Д`lll)

深呼吸~、深呼吸~
(*´ー`*)

【え~! 慰安婦問題って朝日新聞の誤報から始まったの~?】

最近「右傾化」していると思われているのではないかと
ちょっと気にしています。(^▽^;)

まあ、私としてはマスコミによって左寄りに洗脳されていた状態から
やっと「中心」に戻ってきたような気がしていますが。

で、ネットを調べていけばいくほど
いわゆる慰安婦問題は捏造だ、的な情報はすぐに見つかるのですが
これが慰安婦問題の証拠だ!、的な情報はいまだ見つかりません。

韓国の国家元首が、あれだけ声高に言ってる「歴史認識」って何よ。

と思ってしまうのですが

情報を見ていくだけでも時間がかかりますから
短時間に確認できるポイントを提供していきますね。

まず、非常に短時間の映像です。(2:24)

KAZUYA Channel
http://www.youtube.com/watch?v=s9tPzo7HgWU
2013/03/16公開 

これを見ると、いわゆる慰安婦問題は、朝日新聞の捏造だ!って言ってます。

で、言われるまま「慰安婦問題 朝日新聞」で検索してみると

こんな年表が見つかりました。
http://www.geocities.jp/tamacamat/ianfu.html


同じく動画の中で言ってる
NHKによってyoutubeから一度削除されたという国会中継
中山成彬さんの質疑

全部見ると1時間になってしまいますが
従軍慰安婦の捏造に関する部分は、次の3番目の映像に該当します。
13分ほどです。

日本が韓国でどのようなことをしていたのか
まで含めた映像が2番目。22分41秒です。


全体はこちら(1:00:57)
http://www.youtube.com/watch?v=Gucs-6lHtkc

真実の歴史・韓国が絶対に見せたくない動画!!(22:41)
http://www.youtube.com/watch?v=RiKR7jPvwAk

従軍慰安婦は朝日新聞により捏造された核心部分(12:50)
http://www.youtube.com/watch?v=MTzLZxPtvbQ


まあ、国会で国民の代表である議員が質問されて
ちゃんと記録に残っているんですからね。

これ、朝日新聞。
謝罪とか、訂正とかしたんでしょうかね?

国会中継を削除したとかいうNHKにしても…

あれ~。マスコミって、正しいことをありのままに報道してくれていると
思っていたんだけどなぁ

(^▽^;)

【下品なテキサス親父によって明かされた慰安婦捏造の証拠】

はじめに言っておきますけど
このテキサス親父、ちょっと言い方がどうかと思います。

はっきり言うと下品です。(^_^;)

おもしろいけど…
(^◇^)

でも、日本人に代わって
捏造の証拠を見つけてくれて主張してくれているのですから
ありがたいです。

動画は↓
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

動画は下品ですけど報告書はまともです↓
http://texas-daddy.com/comfortwomen.html


こういう問題

あんまり強く主張してアメリカ様の機嫌を損ねてはいけない
っていうこともあるから
強く動けないところもあるんでしょうけど

だからといって、やっぱりね。

言われっぱなしのサンドバック状態でいいはずがない。

ま、私なんかはそんなに影響力ないけど
良かったら、拡散してやってください。

【フィギィアスケート世界選手権2011 日本人が知らないロシアの好意】

肝心なセレモニーが日本では放送されず
せっかくのロシアの好意が日本に伝わっていなかったらしい。

今、いろいろあるけど
これは素直に、単純に感謝したい。

感動しました。

http://www.youtube.com/watch?v=GQZoS4ZWZM8&feature=youtu.be

【報道2001 日韓問題に関して】

テレビ朝日系、テレビタックルでも今この問題やってるけど
やっぱり朝日系列だと、韓国の発言の方が強いのかなあ
なんで韓国側にばかり話させるのだろう?

やっぱり朝日系はダメだね。

この報道2001では比較的公平に問題の全体像が見えると思います。


私なんかは、これまで韓国の方が何を言ってても
正直相手にしてなかったけど
最近の動きはあまりにもひどい。

正直それは無視できないところまで来ているな
と思っているのですけどね。

ただ、韓国にあれこれ言う前に
我々が知るべきことがたくさんあると思うのでね。

私も勉強しているところなんですけど
少しずつ情報を提供していこうと思っています。

http://www.youtube.com/watch?v=9Gh6ze3hL3k

プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。