スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本音がいちばん!

天橋立での浅見帆帆子さんの講演会で、やはり購入してしまった本です。

$社会投資家への道

やっぱりぼくは、こういう世界が好きだなあ。(^◇^)

とあらためて思った。

願望達成・成功法則みたいなセミナーには
目標立てて、行動して、セルフイメージを上げて
このノウハウにしたがって、このマニュアル通りにやっていく

みたいに、マインドとか意志の力を使って
ガンガンに押していくタイプのものと

自分の直感にしたがって
自分が心の底から、気持ちよく、やりたいって思うことを
やっていく。
そうすると、自然にうまくいきますよ

みたいな、スピリチュアル的な感じのタイプが
あると思う。

スピリチュアル的なものって
地に足がついてないみたいな批判されたりするけど
別に何もしないで願ってるだけじゃない。

やりたい、おもしろそう、ワクワクする
みたいなものに素直にしたがって
ちゃんと行動しますよ

「迷ったらするのをやめています」
と、帆帆子さんは言います。

「何かに対して心が動くとき
(=本音がそれを教えてくれているとき)
は、『やりたい! ぜひそうしたい』と
すぐに感じるものです」
(p52)

そうだよなあ(^_^;)

「迷ったらイエスを選べ!」
みたいなのって
ちょっと無理があったか…

やっぱり

本音がいちばん!

ですよね。

(^◇^)
スポンサーサイト

悟りの真実


http://ameblo.jp/sanoukei/entry-11541533881.html

yoshiさんのブログへのリンクです。

これまで、いろいろとマインドマップなど書いてきましたが
昨日から、やっと自分史について書き始めました。

何十年と悟りとか解脱とかをずっと追い求めてきたわけですが
その背景にあるコンプレックスに気がついたのは30代後半のころ

いざ書いてみると、忘れていたいろいろなことが思い出されてきます。

自分のこれまでの人生の中に、ダイヤの原石は見つかるでしょうか?

(^◇^)

キャラクターの深層

「ビジネスをするのにあたってキャラクターを創れ」

みたいなことを言われたりする。

もちろん、現実の自分と全然ちがうキャラクターをねつ造するってことじゃない。
どんなに言葉を使って説明したところで
自分のすべてを表現できるはずがない。

だから、文章で書かれたプロフィールにせよ、本にせよ、動画にせよ、
人によってはCDとかDVDとかにせよ、あるいはその他のコンテンツにせよ
どんなにがんばっても、すべてを表現できるはずがない。

だから、いろんな切り口で、いろんなキャラクターを創りあげていいんだけれど、ただ、いきなりキャラクターをつくろうとしても、薄っぺらいものが出来上がるだけなんだろうな。

今なぜ、こんなことを書き始めたかっていうと
The Synchronicityという和佐大輔さんと原田翔太さんの音声教材のシリーズを今聞き始めているのですが、3時間くらいの音声教材が毎月送られてくる。
それが今月で7か月目。どれもが圧倒的な内容。宿題もたくさんあるんだけど、やはり一流として通用するためにはこれくらいやらなきゃいけないんだろう。

それって結局、自分の内側の深いところから、ダイヤの原石を探し出すみたいなこと。

これまで内側に隠してきたところの中に、自分の原石が隠れている。
としたら、それも全部さらけだしていくことになるんだろうな。

シュウシチャンネル

「今すぐフォロワーはやめなさい」の著者
加藤秀視さんのフォロワーやってます。
(^▽^;)

http://www.shushi.jp/video/

まだ全部見たわけじゃないけど、テレビで放映されたビデオなどがこのサイトで見れます。

今、東北大震災復興支援~ありがとう~のビデオも見ました。
これはテレビの映像じゃないんだね。

ただ、事業にしても、青少年更生の活動にしても、被災地支援にしても、
やっていることがすごい。
結果を出しているんだから、もう、何も言えない。

やっぱり加藤さんに会って、直に熱いエネルギーを感じてみたい。

くすぶってるオヤジのハートにも火をつけてもらえるかな

俺ってフォロワー?

加藤秀視さんの新刊
「今すぐフォロワーはやめなさい!」

27日発売なんだけど、茨城県なので
まだ昨日の段階では大きな書店でさえ未入荷でした。

2件目でやっと購入。

で、キャンペーンを確認してみたら
書店が指定されていた(^_^;)

う~ん。

本を買うためだけに東京に行くのか~

と思いましたが

何が何でも特典ゲットしたい!

と思って、茨城県から上野まで、

2時間かけて出かけていきました。

社会投資家への道

こんな感じで陳列してたので、探すのにちょっと手間取りました。

かつ、引出しに入っていたものを出してもらって

やっと10冊しかなかったので、悪いなあ、とは思ったのですが

買い占めてしまいました。(;´▽`A``

まあ、茨城県から買い出しに行っているんだから

許されるでしょう。

社会投資家への道

自分でも何やってんのかな~とは思いましたが

何が何でも、加藤さんには直に会いたいと

直感がさわいでいるのです。(^◇^)


思考は現実化するんだなぁ

小玉歩さんの、ナガクライズムキャンプでの講義について
小玉さんもブログでシェアしてくれています。

以下、小玉さんのブログから引用
http://ameblo.jp/kodama-ayumu/entry-11538733806.html

****************************************

「来月100万円稼ぐ方法を、いますぐ5個以上答えて下さい。

それも、もやっとではなく具体的にステップも。


・・・って、言うと殆どの人が1つも答える事ができません。

Twitterでも書いたんですけど、ちょっと前に堀江さんの『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?』を読んだんです。

そうしたら、身近にある物事や出来事から、ビジネスのヒントを山のように見つけているんです。

これ読んで「そうだよなー」と思いました。

やっぱり稼ぐ能力の高い人って、常にビジネスの事を考えているんですよ。」

******************************************

引用終わり

要するに、稼いでいる人は、常に、どうやったら稼ぐことができるか
考えているし、アンテナ張りまくっているんですね。

もうちょっと言うと、ビジネスのことが好きで好きでたまらない。
いつもビジネスのことにフォーカスしてしまっている。

だから、普通の人が気づかないことにも気づけるし
アイデアも降りてくるし、直感も降りてくるし、結果も出るってことなんですよね。

無理して、うんうん考えて、悩んでいるような人は、たぶん稼げてない。

結局、「思考は現実化する」なんて言っても、特別なことでも魔法でも何でもなくて
イメージしてアファメーションとかしてれば現実になる、みたいな、
魔法みたいなフワフワしたことじゃないんだってことなんですよね。

逆に、そうやって現実化しようなんて思っているってことは
「まともな方法では自分には無理だ」って思っているってことだから
やっぱり「自分には無理だった」ってことになるんだよ。

なにかを現実化しようと、フォーカスし続けて、やり続けているから
それが現実になる。

あたりまえのことなんですね。

やっぱり、思考は現実化するんだなぁ・・・(*^。^*)

稼ぐ技術:ナガクライズムキャンプ

本日のナガクライズムキャンプは「クビでも年収1億円」の著者
小玉歩さんが特別講師として登場。

つい、本で書かれている内容だけで著者のことを判断してしまったりするけど
やっぱり著者に会わないとダメですね。

もちろん会ったからと言ってわかるわけではありませんが、全然受け取れるものが違います。

こういう機会をゲットできたのも、もちろん長倉顕太さんのおかげなんですけど、
やっぱりナガクライズムキャンプに迷わず申し込んだ自分、褒めてあげたいです。

(^◇^)

小玉歩さんの圧倒的な迫力の講義については、ここではシェアしませんけどね。

講義が終わったあとでの長倉顕太さんのお話で

いいかげん覚悟を決めろと!

覚悟が決めるのには、貯金なんかいらないと!

貯金なんかがあるから、覚悟が決まんないんだと。

だから、もっともっといろんな体験をするのに、どんどん金使って行けと。


ま、だいぶデフォルメされてますけど、(^_^;)
こんなお話がありました。

長倉さんの熱い話を、こんな数行にまとめるのって、そもそも無理ですからね。

ま、だいたいそんな話もあったということで

今回の宿題!

「それぞれが覚悟したことをちゃんとやってくる!」


これまでは、「口説いてくる!」

みたいに指定されてましたけど、今回は各自が決めてやる!

ってことで。


覚悟・・・


やりますよ。


何をって


シェアし合ったキャンプの友人がやるっていうからさ


ハートブルーの影響でね。


サーフィンじゃないよ。


私も、やりたいこと100個書いたりした中に、書いてましたので


やることにしました。


崖から突き落とされる前に、落ちてしまえ!


っていうわけで、やります。




スカイダイビング!



( ̄ロ ̄lll)


友だちにキャンプで宣言させちゃったんでね。


私も責任とってやらせていただきます。


さて、どうなりますか・・・

Life Controlセミナー

今日は、AnomalyレーベルのLife Controlセミナーに参加してきました。
FX、不動産投資、株投資に関するAnomalyのエキスパートによるセミナーでした。

普通のこういった投資のセミナーでは、具体的なノウハウがメインとなって
投資を勧めるような内容になると思うのですが
さすがAnomaly。

個々の講師が打合せはしていないと思うのですが
それぞれが、具体的なノウハウではなく
投資を勧めるというのではなく
普通の投資セミナーではありえない切り口の内容となっていました。

う~ん。
アベノミクスの話、書きましたけど
やはり専門家から話を聞くと、非常に勉強になりますね。

私の考えはただの思いつきにすぎませんが、
ちゃんといろんな経験やデータに基づいて説明してもらえるので、
確信の度合いが全然違います。

なんていうか、楽しいなあ(^◇^)

インプットよりアウトプット

昨日も、マインドマップを1枚だけ書きました。
さらに大きな目的のマインドマップです。

その話はまた書くかもしれませんが、ここでは別の話。

「マインドマップ 資格試験勉強法」を参考にして、マインドマップを書いているのですが、資格試験勉強法ですから、当然、勉強法などについても解説しています。

で、「マインドマップ 資格試験勉強法」に書いてあったのは

良くない勉強法というのは
テキストをしっかり読むことに時間を使ってしまうこと。
なんだそうです。

普通、しっかりテキストで勉強してから次に進む、って考えがち。
じゃあ、どうしたらいいのかっていうと、資格試験勉強法ですからね。

過去問をとにかく解いていくことに時間を使うんだそうです。

つまり、インプットよりアウトプット

いきなり過去問を解こうとしても、すぐにはできませんから、そのやり方も解説してくれていますが、とにかく、インプットよりアウトプット、なんだそうです。

これは資格試験勉強法でしたけど、これって、いろんなところに応用できるな。

と思いながら読んでいました。

インプットよりアウトプット

これです!(^◇^)

【こんなものいらない!】その6 マスコミ

ちょっと大きな話題なんだけど、チャレンジしてみます。

マスコミって、権力者が一般大衆をコントロールするために使っているようなものだって思ってました。
ジョージオーウェルの1984で描かれているような世界。
あるいは、扇情的に報道する北朝鮮のテレビとかもそうだし、中国共産党なんかも情報がコントロールされているイメージがある。
題名は忘れたけど、映画の中なんかでも、そういう側面が描かれていたりする。

日本だってそういう側面はあって、記者クラブみたいなところで流された情報とか、〇〇関係者からリークされた情報とかによって、影響されてしまう。

東日本大震災の時の報道はひどかったよね。
正しい情報を流さないばかりか、ネットで流れている正しい情報を信じないように、みたいな報道がたくさん見受けられました。

それはそれで、ひどいもんだけど、まともな人は、だいたいそんなもんだって思ってくれていると思うんだけど、甘いかな?

中国の報道は統制されているけど、中国の人たちは、本音では信用していないから、本当の意味では洗脳されていない。
でも、日本人は、報道を正しいって信じてるから、逆にしっかり洗脳されてる、みたいな話を聞いたこともある。


でも、そういうことだけじゃないんだ。

実際マスコミの報道の仕方を、当事者として経験したことがあるかな?

はっきりいって、論理的、科学的な方法では報道してくれません。
何のことかっていうと、マスコミが報道したい方向性があるとすると、それに合わせて映像もインタビューも編集してしまいます。

全体として正しいことを言っていたとしても、編集することでイメージを悪くすることなんて簡単です。
相手から悪いイメージを引き出そうとしたときは、
話を聞くときでも、相手が話しやすいように聞くなんてことは、まずしません。
いかに相手から失言を引き出すか。
失言を引き出すことができたものなら、大成功。大スクープです。

そうやって、何人も、優秀な政治家などが、つぶされてきたように思います。

マスコミの方たちは、正義感をもって、それが正しいことだからって、がんばっているのかもしれないけど、優秀な政治家をつぶして得をするのって、官僚とか、外国とかでしょ。
日本の一般大衆が得をすることはないような気がするんだけど。

最近、初めて靖国神社に参拝しました。
靖国神社に政治家が参拝すると、大問題みたいに報道されます。
そういうことでなんとなくイメージが悪かったのかもしれません。
いろんな神社に参拝していましたが、何となく靖国には行っていませんでした。

でも、どんなところでも、実際に行ってみないとわかりません。

初めて靖国神社に参拝して、ご神体の鏡の前に座って参拝したとき
その圧倒的なエネルギーに素直に感動しました。

「凛の国」という本のことも以前紹介しましたが、学校教育とかマスコミとかが何となく流している、日本は侵略戦争をした悪い国だ、みたいなイメージ。
それがはたして本当なのかどうか。
一度、真剣に学んでみた方がいいと思います。

森前首相が、かなり以前「日本は神の国だ」と発言して、マスコミに叩かれたことがあります。

そのころは私も、何バカなこと言ってんだろうな、と思っていました。
正直言って、神道も、バカにしてましたから。
神道なんていったって、もともとは人間だった人を祀っているんでしょ、みたいな。

でも、伊勢神宮に参拝したとき
その圧倒的なエネルギーと存在感を肌身で感じたとき
日本は本当に神の国だったんだ、って感じたものです。

マスコミいらないの話から、神の国の話になってしまいました。(^_^;)

でも、見えない世界のことも、昔の日本の素晴らしさのことも、正しく伝えようとしないのがマスコミです。

マスコミなどから教えられる情報の中に、答はありません。

答は自分の中にあるし、正しい情報は信用できる人からもたらされるのです。

マインドマップ(その2)

昨日、今日と、茨城県立図書館で勉強などしていました。
写真アップしましたが、奥にみえるのが映画のロケなどでもよく使用される旧茨城県庁。もともとここは水戸城のあったところらしく、大きな木々にも恵まれ気持ちの良い空間です。

社会投資家への道-旧県庁と県立図書館

この図書館でマインドマップ書きました。2回目です。
参考にしている本が「マインドマップ 資格試験勉強法」なので
本日のお題は
「不合格になるデメリットのマインドマップ」と
「合格するメリットのマインドマップ」なんですが
それをもとに
「失敗するデメリットのマインドマップ」と
「成功するメリットのマインドマップ」を書いてみました。

上が成功、下が失敗。

成功のは、華やかで、明るくて、広がりがありますが、
失敗はやっぱり暗くて縮こまった感じがしますね。

きょうは2回目だったからなのか、だいぶ楽に描けました。
次のお題が「合格の先にある、さらに大きな目的」
それから、コミットメントを固めるステップに進むようです。

非常にゆっくりと進んでおります(^▽^;)

社会投資家への道

アベノミクス

昨日、ガイアの夜明けだったか、株やFX、不動産投資に熱狂している人たちの特集をやっていました。

FXやってたおばさん。
あんな突っ込み方してたらギャンブルじゃん。って思ってしまいました。
ま、今は勝てる時期だからって判断してギャンブルでやってるなら、
それはそれでありですけどね。

どうも、こういう波にうまく乗ることができません。(^_^;)

FXも昨年からちょっとは勉強したのですけど
デモでも、そう簡単にはうまくいかなくて
そうこうしているうちに、見事に波に乗り遅れました。(>_<)

リーマンショックだったか、サブプライムショックだったか
株価が底値の時に、今が買いだ!と思って、株の勉強始めて
それでも見事に損しましたからね。
まあ、そのときは基本的なこと、やれていなかったけど。

そんな記憶もあって、ま、株につぎ込むだけの資金がないのもあるけど
飛び乗ることができません。

ちょうど、年老いた両親もテレビを見ていたんですけど
ふたりとも、株とか投資とか、怖いからやるもんじゃない、
って信念を持ってました。
その影響を色濃く受けてる私も、どこかそんな信念を持っているんでしょうね。

そろそろ「バンドワゴン効果」
誰もかれもが騒ぎ出し、ずっと以前に仕込んでいた人たちが利益確定して
相場から撤退し始める頃、かもしれないですよね。
そして高値をつかんだ人が大損するっていう話。

まだ、いけるとは思いますが。

昨日も投資の神様ジムロジャースが出ていて、
日本株はずっと買っていたけど、もう全部売って利益確定したって言ってました。
ま、買ってる量が半端ないでしょうから、
急に手仕舞うこともできないので、当然のタイミングなんでしょうね。

私は、まだまだ株もFXも結果出せてないチキンなんで
このへんの話はあまり信用しないでほしいんですけど

ああ。人と同じことをやるのが嫌だっていう観念も関係しているのかな?

なんにせよ、いらぬ抵抗は外して、
気持ちよく豊かさを手に入れていきたいものです。(^◇^)

美人になる方法

社会投資家への道-ワタナベ薫 美人になる方法

ワタナベ薫さんの「美人になる方法」買ってしまいました。(^_^;)

男が買うのって、ちょっとためらわれたんですけどね。
本屋の店員さん、きれいな女の方だったんで、余計に・・・

男、長倉顕太さんがワタナベ薫さんとの対談
http://www.youtube.com/watch?v=SxBHm_18z_Iの中で、
この本の中で長倉さんがおすすめしているパートが

なんと!(・_・;)

「自分を愛することから全ては始まる」

なんです。

社会投資家への道-自分を愛することから全ては始まる

バレンタインデーなんかいらない!
と言っているあの長倉顕太がなぜ?

という感じなんですけど、

あれだけ本を買わせることにこだわる長倉顕太さんが、著者の目の前で

立ち読みでもいいから読めと!

って言うんですよ。

近くの蔦屋書店に隣接しているカフェで、買わずに読むことができるので
座り読みするだけのつもりだったんですが、ペラペラと読んでいて
やはりこれは!と恥を忍んで買いました。

まだ全部読んでいませんけど

たぶんいい本ですよ(^◇^)

ハートブルー

ハートブルー、1か月ほど前に見た映画です。

心に残ったフレーズの一つです。


お前サーフィンの真髄を知りたいか?
結局は自分だよ。
波の中で自分を捨てる。
そして別の自分を見い出すことだ。

So,uh,
you still haven't figured out what riding waves is all about,have you?
It's a state of mind.
I's that place where you lose yourself and you find yourself.

$社会投資家への道

魂を売っちまったかな・・・

たしかダンテだったと思うんだけど、魂を悪魔に売ってしまうような話が出てきますよね。
読んだのは、たしか学生の頃。
本当に悪魔がいて、魂を売る話だとは思わなかったけど、
どういう比喩なのか、あまり具体的にはイメージできていませんでした。

「加藤秀視×長倉顕太」出版記念特別対談
http://shushi.jp/syuppantaidan/index.html

見てたんですけどね。
学校教育に関して、まあ教師の批判とかの話もでてくるのですけど、
自分が批判されているような気がしてました。

まあ、加藤さんからだったら批判されても仕方ないな、
と思うだけのほとばしる情熱と熱い魂みないなエネルギーを感じました。

で、悪魔に魂を売るって話。

自分がやりたいこと、魂が望んでいること、があったとして
でも、それをやると、批判されるとか、先生とか親から怒られるとか、学校とか会社にいずらくなるとか、そんなこんなで、それをあきらめたり、まわりの人が望むことをやったりとかしちゃうわけでしょ。
ほとんどの人が。
だって、そうならないと、学校とか会社とかでうまくやっていけないから。

それって、自分の魂を売ったことにならないですか?

悪魔って誰?
って、それはここでは追及しないけど

悪魔って、損得で考えると魅力的なオファーをしてくるから、つい魂を売っちゃうわけでしょ。

おれ、魂、売っちゃったな。たぶん。

だけど、加藤さんも長倉さんも、魂を売り飛ばさなかったんだな。
だから、ふたりとも自分は昔どうしようもなかったって言ってるけど
悪魔の誘惑にのらなかったってことなんだろうね。

今もまだ、損得で考えようとしている自分がいる。
自虐的にわざと損しなくてもいいけど、
損得とか関係なく、自分の魂をとりもどしたい。

そして、これからの時代。
個の時代とか言われてるけど、魂のない個人なんかのことじゃない。

自らの魂の叫びに従い、自らの直感、感覚に忠実に行動する人間の時代。

だとすれば、まずなすべきことは、ノウハウを学び、行動することではなく
おのれの魂をとりもどし、魂の輝きを内側に見出すこと
なんだろうな。

自分を愛することから全ては始まる

前の記事にあるように、必死こいて昔の投稿を探している中で見つけた。
まだ見ていなかった動画。
動画って、見るのに時間かかるから、その場でサクッと見られずに後回しにしてしまうとそのまま忘れてしまったりする。

長倉顕太さんのfacebook4月15日の記事。
シェアしてもよかったんですけど、メインはこちらじゃなかったんで。
ちょっと引用すると
「原田翔太さんと一緒にやったベストセラー作家養成講座長倉塾出身の
群れない女ワタナベ薫さんと私の対談が公開された。
http://www.youtube.com/watch?v=SxBHm_18z_I
著書『美人になる方法』は3刷までいったかな。すでに次回作、その次、さらに、その次まで本が決まった。長倉塾卒業生は優秀だ。笑。」

てな感じ。

この「自分を愛することから全ては始まる」というタイトル。
全部聞くと、ちゃんとつながりますが、長倉さんの対談らしくない気がしませんか?
いったい誰がこんなこと言ったんだか。

もうひとつ名言書いておこうかな。

「根拠のあるものは自信じゃない。
 本当の自信とは根拠のないもの」

あまり話題にならなかったような気がするけど、なかなか良い対談だと思います。
(^◇^)

【こんなものいらない】その5 facebookのハイライト

昔書いた投稿を探していて、ずっと遡って言ったんですけど見つからない。
あれ~、書いたと思ったんだけどな~と思って
他の人の記事から探していこうと思ったら、そちらも見つからない。

あれ~???

と思っていると、小さくハイライトってものが出てくるのに気づく。

なんだこれ?

クリックすると、すべての記事って出てくる。

ってことは、どこかのだれかか、コンピューターが代表的な記事を自動的に選んで
ハイライトだけを表示していたってこと?

こんな機能いらない。
というか、どういう基準で選ばれるわけ?
わけわかんない!

やっぱ、過去の記事、必要なものは自分の手元に管理しておかないとダメなのかな。

初めてのマインドマップ

初めてのマインドマップ。
想像以上に頭を使う。
というか、普段いかに頭を使ってないかがよくわかった。
(⌒-⌒; )

最初の課題は「私の友だち」
これまでの人生を振り返ることにもなるので、ちょうどいい課題だった。
携帯のアドレスに頼っていると、友だちの名前も出てこなかったりする。
まあ、その程度の付き合いだってことなんだろうけどね。

まだ未完だけど、やってみると、なかなかおもしろい。
ちょっと疲れた。

$社会投資家への道

直感に導かれて

ものすごいことではありませんが、
浅見帆帆子が講演で言っていた「直感にしたがって行動すること」
を実践したシェアです。

何回も言いますが、ほんとに何気ないことです。

蔦屋書店のトイレに行ったついでにブラブラ本を見ていたら
トニーブザンのマインドマップが目にとまりました。

そういえば、和佐さんもマインドマップが必要だって言ってたな。
でも、かなり立派な本だし、せっかく本を売ったばかりなのに
マインドマップを書くためだけに本を買うのはもったいないな。
よし、図書館で借りよう。

と、図書館に行って検索してみたら
田舎の図書館ですから、本屋で見た立派な本は置いていません。

ま、やり方さえわかればいいんだから
と思って、とりあえず探してみると
そこの図書館にあったのは1冊だけでした。

それが「マインドマップ 資格試験勉強法」

200ページくらいのソフトカバー
読みやすそうな本です。

別に、資格試験を受けるわけではありませんから
こんな本、自分では選ばなかったでしょうが
これしかないのですから仕方ありません。

ペラペラと最初のころを読んでみたら
目標を達成することにフォーカスして、
マインドマップやその他のメソッドを使っているので、
今の自分に必要なものが、そっくり書かれていました。

あれ、これが直感にしたがって行動するとうまくいく
って、帆帆子さんが言ってたことか?
って感じたんです。

たいしたことではないんだけど、
とても自分にはしっくりきた経験だったのでした。
(^◇^)

激烈に魅力的な何か

表題を「ノーガードフルチン」にしようかとも思ったのですが、まだまだ甘い・・・
(^_^;)

昔、「激烈に魅力的な何か」に取りつかれたことがある。
で、県立高校の教員を辞めた。家も捨てた。
それはそれは楽しくて仕方ない日々だった。
そのとき、ほとんど迷いはありませんでしたから
ワタシはワタシだったのでしょう。

天使が現れてくれたのか?
長倉顕太さんが言うように、それは悪魔だったのかもしれませんが。
(^_^;)

また、長倉顕太さんが「Raw Power」むき出しの力と言っているように
再び身につけてしまったいろいろなものをとっぱらっていく時期がきたみたい。
Anomalyでも、そんな感じのアドバイスいただきましたから。

ま、内藤さんが言うみたいに、皮を剥ぐ、みたいに痛いのは嫌ですけど
やっぱ、気持ちいい痛みってありますから
気持ちよく脱皮していきたいと思っております。(^◇^)

だって、内藤加奈子さんも、浅見帆帆子さんも、遠山温子さんも
多少の表現の違いはあっても
自分が気持ちがいい方を選びなさいって言ってますもん。

天橋立ツアー・ちょっとした引き寄せ

少しずつですが、引き寄せの法則が使えるようになってきたかもしれません。

昨日、浅見帆帆子さんの講演会で、エキスパート0期生で一緒になったYさんと一緒になりました。
で、Yさんから、自分はもう帰るけど、まだ使えるからと2日間有効の天橋立フリー切符をいただきました。
天橋立付近の、バス、観光船、リフト、ケーブルカーが乗り放題の切符です。
もともとの私の計画では、レンタカーを借りる予定だったので、それほど必要ではありませんでした。
ところが、昨夜調べてみると、楽天で予約したはずのレンタカー、なぜか予約されていませんでした。

ということは、レンタカー代が浮いて、無料でバス、観光船、リフト、ケーブルカーが乗り放題。
予定していたところは、ゆっくりとまわることができました。

それにしても、予約したはずのレンタカーが予約されていないで、しかもその日にフリー切符をいただいてしまう。
これ、かなりスムーズに引き寄せできてますよね。(^◇^)

宿ではおいしい地酒と、おいしい海鮮料理を堪能できました。

やっぱ、時代は、いい気分で、気持ちいいことをするのが主流の時代になってきましたね。

浅見帆帆子と内藤加奈子

一見、まったく正反対に見えるこの2人。
共通点は、どちらも美人だってことと、なぜか長倉顕太さんとつながっていること。
きょう、浅見帆帆子さんの講演を聞いて、もうひとつ共通点が見つかった。

以前から、そうだったと言えばそうなんだけど、
帆帆子さんも、自分が気持ちがいいこと、楽しいこと、ワクワクすることを選んでいけって言ってる。

その表現の仕方には、強弱があるけど
「直感的に、おもしろいと思ったことには、ためらわずにのっかっていけ!
違ったとおもったらやめればいいだけなんだから」

これって、他から何と言われようとも、自分の気持ちのいいことを追及する内藤さんと、過激さの度合いは違えども、本質的には同じです。

帆帆子さんは言います。

人と会った時に、初対面であるにもかかわらず
わけもなく、なんか違うな、という感覚があった場合。
それは偶然ではなく、何らかの意味があると。

そして、それぞれの人にとって、一番わかりやすい方法でサイン、今の考え方で良いよというサインが来る、と。

講演で、この話を聞けたこと自体が私にとっては一つのサインでした。

そして、きょう泊まった宿のトイレで、こんな張り紙を見つけました。

これって、サイン、ですよね。

「はじめの1歩」の大切さ

今、踏み出した1歩は正しいと。

社会投資家への道

プラスの欲求、マイナスの欲求

言葉だけでは表現しきれないことのひとつ、みたいなことを言語化しようと思います。

なんでもいいんだけど、〇〇をやれば成功します。
〇〇をやればお金が儲かります。
〇〇をやればステキなパートナーが見つかります。
などなど。
そんな〇〇があったとして、結果が出る人もいれば、結果が出ない人もいる。
だいたい、結果が出ない人の方が多いと思うんだけどね。

その違いって、本気かどうかとか、観客の立場なのかプレイヤーの立場なのかとか、
達成した時のイメージができていないとか、いろんなことが言われたりするけど、
こんな感じなのかな、って思います。

その、〇〇で自分が結果を出す、ということにフォーカスしている場合。
達成したあとの状態に意識が向かっている場合。
これがプラスの欲求。

今の自分が××だから、〇〇をやって、こうなりたい、と考えている場合。
今の××な自分に意識が向かっている場合。
これがマイナスの欲求。

どっちがうまく結果が出るかって、だいたい想像できますよね。

もうちょっと広げると
自分が結果を出して、他の人に良い影響を与えることまで(なんとなくでいいから)考えているのがプラスの欲求。
今の自分の××な状況、つまり自分のことにばっかり意識が向かっているのがマイナスの欲求。

成功したい。お金持ちになりたい。ステキなパートナーが欲しい。
欲求自体は、同じであっても結果が違ってくる。

あくまで、たくさんある切り口のひとつにすぎないけどね。

なかなか結果が出ないという場合、自分がどういう意識でいるのか、チェックするひとつの基準になるんじゃないかな。

知識を捨てるしかないか・・・?

きょうは朝からお疲れ。
年老いた両親に食事を取らせたあと、しんどいから寝た。
和佐さんの音声を聞きながら寝たんだけど、さすがに何も頭に入っていない。

昔からなまじ頭が良かったからか、
まわりの人の顔色を見ながら育ったからか
小さいころから、知識に振り回されてきた。

このジュースには、合成着色料が入っているから飲まない、とか
そんなこと言ってる小学生だった。

今も、いろいろな知識に従って行動している。
朝食を抜いたほうがいいとなれば、朝食を取らない。
1日1食がいいとなれば、そうしたり、
肉や魚、嗜好品をやめたこともある。

こういうやつ。
自分みたいなやつって、情報を操作して信じ込ませれば簡単に操れるね。
学校教育ってやつは、こういうやつを量産してきたんだ。

これがいいとか悪いとか、そういうありとあらゆる知識を捨てないといけないのかもしれないが、そんなもん、はたして捨てられるのか?

心はすでに、押し寄せる情報の嵐の中で、波立ち、うねりまくってる。
心を静めるには、情報を捨断していくしかない。
でも、そりゃ現実的には無理だよ。

あれ? これも、知識の影響だ。
心は静まった方がいい、みたいな。

知識を捨てようなんてしなくていい、というか無理。
正しいこと、良いことをしようなんてしなくていい。
それが本当に正しいのかどうかなんて、わかんないから。

とにかく、気持ちのいい方を選ぶ。
良い気分になることを選ぶ。

すみません。今日の投稿は、まとまってないです。

表題は、知識を捨てるみたいなこと書いてしまいましたが、
でも、やっぱり、自分がおもしろいこと、楽しいこと、
いい気分になることを選んでいくしかないような気がします。



言葉だけでは伝わらない

何でもいいのですけど、言葉だけで、技術を伝えられるでしょうか?

映像も、実習もなしに、ということです。

野球、ギター、フェンシング、バイク、踊り・・・

今、適当にあげてみましたが、これらのことについて、まったく何も知らない。見たこともないという人が、言葉で書かれた指導書にしたがって実践しようとしたとき、どんなことになるでしょうか?

どう考えても、無理ですよね。

バットの握り方、振り方、ボールの握り方、投げ方、
ギターの構え方、踊りのさまざまなタイミングや細かい角度

言葉だけで伝えられるはずがありません。

見たことがあるなら、まだ真似することはできるでしょうけどね。

こういう身体を使うことに関しては、言葉だけでは伝えられないということは理解してもらえると思うんですけど、例えば、成功法則とか、イメージの使い方であるとか、アファメーションであるとか、意識の使い方であるとか、瞑想法であるとかに関しては、どうして本で読んだだけでできるって考えてしまうんでしょう?

目に見えることですら、言葉だけで自分ができるようになるには相当難しいでしょうに、目に見えない技術をどうして読んだだけで習得できるでしょう?

私はかなり無理があると思うんですよ。

目に見えないから、うまくいっていないことに気づけないだけ。

確かに、リンゴをイメージするだとか、私は○○だって唱えるとか、そんなことはできますよ。
でもそれって、手を上げるとか、手を振るとか、バットを振るとか、そんなレベルでしょ。

言葉だけで伝えられるはずがないのです。

だから、例えば仏陀は、弟子たちと一緒に生活を共にしながら、一緒に瞑想し、いろいろな課題を与え、弟子の状態を見ながら、指導し、導いていくことで、多くの阿羅漢、解脱者を出していったわけですよ。

何が言いたいんだろうね。

引き寄せの法則でも、思考は現実化するでも、ホ・オポノポノでも、何でもいいんだけどさ。
本読んだだけでできるようになるわけがないから。

じゃあ、どうしたらいいのかって?

また、あとでね。(*^。^*)

野生の勘をとりもどせ!

昨日の内藤加奈子さんのセミナー
ちょっとだけシェアします。

以前、本の感想を書いたとき
普通の販売員の方と内藤さんの違いはなんだろう?
と思ったことがあります。

普通の販売員の方も、プロとして、考えながら仕事をしているはず。

なぜ、普通の販売員の方が気づけないことを、内藤さんはきづくことができたのか?

その答え、昨日のセミナーでかなり感じることができました。

いろいろあって、すべてを書くと膨大になってしまいますが

・・・

「どっちが気持ちいいかで選ぶ」

そう、ある方の質問に対して、内藤さんはそう回答しました。

普段から鍛えてないとわからない。
どっちが気持ちいいかで選ぶ。
頭でどう考えるかは意味がない。
頭に考えさせない。
頭で考えたら、目先の損得で考えることになる。

・・・

日常の動作のひとつひとつに対して
どっちが気持ちいいのか

それを体感としてつかんでいく

目の前のおっさんを、
右から抜いた方がいいか
左から抜いた方がいいか

こういうことで磨かれた直感があれば
天災や事故に会うことはないでしょう。

そして、常に自分の感覚を信じて突っ走る。

この感覚があるからこそ、他の人には気づけないことに気づけるし、チャンスをつかむことにつながるのでしょうね。

内藤加奈子:出版記念セミナー

内藤加奈子さんのセミナー。
最前列に座って、かぶりつき。(*^_^*)

お得感MAXのセミナーでした。

動画でも、自分のことを「男だ」とおっしゃっていた内藤さん。

こんなにお美しいのに、そんなことないだろう。
と思っていたのですけど、いやいや、納得しました。
きれいな花にはトゲがあります。
靴なんか、もう、トゲトゲ。

内藤さんがタイムラインにアップしていたあの靴を履いてきてました。

長倉さんが言うように、著者には会いに行かないとダメですね。

もちろん会ったからわかるというわけではありませんが、動画や本で得た情報の数倍、ひょっとすると数十倍の価値があります。

内藤さんの男気、気迫、情熱、がわかってしまったので
うかつには近づけませんが、それでも
相変わらず、内藤さんの大ファンです。(^◇^)

そんなこと書くと、長倉さんに「フォロワーはいらねえんだよ!」って言われそうだけど、進むべき方向は見えました。

「考えてないで、さっさとエンジンかけろよ!」

と、美しい内藤さんにぶっ飛ばされる前に

「きたか! 一緒にぶっ飛ばそうぜ!」

と言ってもらえるようにならなきゃな。(^◇^)
社会投資家への道
社会投資家への道

ぜいたくは敵だ?

浅見帆帆子さんのイベント
http://tpie-5c.jp/hohoko.html

すっかり忘れていました。(^_^;)

あわてて、交通機関や宿泊施設などを調べました。

で、普段泊まるところと言えば、ビジネスホテルかカプセルホテル。
食事抜きで、なるべく安く。
そんなところに泊まっていました。

だいたい仕事がらみだったから、豪華なホテルに泊まるわけにいかないということはあったけど、私用でも、そのクセは抜けなかった。

今回、楽天トラベルで調べたら、料理がおいしいよ~っていう投稿がたくさんあるホテルが目についた。
よし、そういうことなら食事つきのプランを頼もうと、申し込もうとしたとき、すごい抵抗が出てきました。

セミナーとかには遠慮なく数万円、時には数十万円、平気で使っちゃうのに、自分が贅沢することに関しては、すっごく抵抗があるみたい。

たしかに食事つきプランの値段から、素泊まりのプランの値段を引いたら、食事代で約7,000円ってことになる。
まあ、そんなもんか、とも言えるけど、やっぱ、ちょっと贅沢に感じてしまいます。

こういうところに自己イメージの低さが出てしまうんだね。

一晩悩んで、おいしい料理を楽しむことにしました。
翌日は、パワースポットめぐりをします。
(^◇^)

【こんなものいらない】その4 テロ対策を口実になくなったごみ箱

こんなものいらないシリーズ、第4弾
これは、ごみ箱がいらないのではなくて、ごみ箱が必要だということです。
ごみ箱を減らすテロ対策がいらない、ってことです。

テロ対策を口実に、駅のホームにあるごみ箱が極端に減らされてもう、何年にもなります。

知っている駅なら、どこにあるかわかるので何とかなりますが、
初めてだったり、あまり使わない駅などでは、本当にごみ箱が見つからなくて困ります。

日本人はまじめだから、駅もそんなに汚れませんが、
駅がゴミだらけになっても不思議じゃないです。

本当にごみ箱を減らすことが、テロ対策に有効であるなら、まあ仕方ありませんが、
どうもそうは思えない。
テロ対策を口実にした経費節減というのが本当のところでしょう?

もうちょっとごみ箱増やしてもらえないかなあ。

砂の上の成功

http://ameblo.jp/coldreading/entry-11525094777.html

石井裕之さんのブログのシェアです。
この前の秋元靖さんの投稿に書いたことにも共通するのですけど

0.1を1にするのがプロデュースだと

と秋元靖さんは言う。

でも、0から1を見つけるのはできない。

と石井裕之さんは言う。

「0から1は、孤独の中で生み出すしかない。」と。

みんながやっていることをまねして
それを膨らませて、形にすることはできるだろう。

でも、須藤元気さんが言うには
「みんなが良いと言ってくれるようなものは大したことがないと。
もう、みんなが考えているようなことだから。」
と。

どこか一流の人には共通するのものがないだろうか。

答えは、自分の中に見つけるしかない。

プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。