スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【引き寄せの法則、使えたのかな?】

20時に遠山温子さんの引き寄せの法則セミナーを終わって
新宿から成田のヒルトンホテルへ

エキスパートユニヴァーシティの懇親会が22時からなんだけど、
朝、調べてみたら、間に合うように行こうと思ったら、
19時頃、途中で抜け出さないと無理だった。

でも、遠山温子さんのノリノリの話を聞いていたら
もう、途中で抜け出すなんてありえなくて
最後まで聞いていくことに決めた。

その時点で、遅れることは覚悟しました。

で、山手線で新宿20:20発→日暮里20:40頃着
京成のナイトライナ-20:46に乗れて、成田に着いたのが21:44
成田で21:50のホテルのシャトルバスに間に合って
ホテルに着いたのが22:05頃

懇親会が始まるのが22:15だったので、楽々間に合ってしまいました。

こんなにギリギリの乗り継ぎ、検索してもありえない。

けど、本当にスムーズに、すべてがうまくいってしまった。

あまりにもスムーズだったから、あたりまえみたいにも感じるけど、
仮に成田でバスに間に合わなかったら、
次のバスは22:30まで待つ羽目になってました。

途中で、不安もでてきそうになったけど、まっいいか
って行動したら間に合ってしまった。

これって、ちょっとしたことだけど、引き寄せの法則、使えたんだよね、きっと。

\(^o^)/
スポンサーサイト

幸せな1日

きょうは、遠山温子さんの引き寄せの法則セミナーに参加。

終了後、すぐに渋谷に飛んで行って、KOKIAのコンサート。


実は、KOKIAのコンサートは、2年前の3月11日、東日本大震災の時以来。

あのときは、電車が止まっていたのに、コンサートに出たい一心で

田町から渋谷まで歩いて

ところが当然と言えば当然ながらコンサートは中止。( ̄ロ ̄lll)

そこから帰宅難民となり、それまで宿を取っていた南千住まで歩いて帰ったのでした。


バカだよね~。


そんなことがあってから、KOKIAのコンサートにも行かなくなり

久しぶりのコンサートでした。

オーチャードホールは、私が初めてKOKIAのコンサートを聞きに行った時と同じホール。

しかも、だいたい同じ席でした。


KOKIAの歌のメッセージ。


やっぱり偶然はないんだよね~

今の自分に向けてのメッセージ、だと受け取りました。


http://www.youtube.com/watch?v=hnucZIJBfh

最近の曲が多かったから、youtubeにも、まだあまりアップされていません。

何とか見つけた、今日も歌ってもらえた1曲。

infinity

意味のないことなどないのです。

今、一瞬一瞬のプロセスを楽しんでいけばいい。

温子さんのセミナーでも教えていただいたことです。


コンサートの前に参加していた、遠山温子さんの引き寄せの法則セミナー

少しずつ少しずつ、いろいろな気づきがあったのですが

そのへんの話は、またのちほどまとめて。


引き寄せの法則セミナー

今日も最前列を狙ったのですが、あいにく、目の前の席は取れませんでした。

仕方ないなあ・・・(^_^;)

と思って、最前列だけれども一番左端の席に座りました。

ま、この席だったら、そんなにいじられることもないだろう。

そんなふうに思いながら選んだこの席。


甘かったです。(・_・;)


温子さんからは、容赦なく、いじっていただきました(*^_^*)

もう、至福のひとときですね。


まさか、この席でもいじっていただけるとは。


さらに!

何気なく選んだこの席。

なんと、隣の席には、うら若き美女が2人。\(^o^)/

温子さんのセミナー、全体的に言うと、ちょっと以前に美女だった方々が多いのですが、ひょっとすると、これは引き寄せの法則が発動しはじめたか?
(^◇^)

べつにお話したりはしませんでしたけど、おっさんは、近くに美女がいるだけで幸せでした。


法則の話でも、いろいろ語りたいことはあるのですけど、そこは、ぐっとこらえて

今日のところはここまで。

私人としての参拝です、って言うまでもないか(^◇^)

社会投資家への道

靖国神社に初参拝。

参道ではフリーマーケットやってました。

靖国神社の正式参拝。
たぶん誰でも申し込めばできるんだと思います。
私たちがお払い受けていた時、本殿で普通の家族っぽい人たちが
本殿に参拝していました。

本殿の鏡、エネルギーすごかったです。
遠くから見ていても、とても目を引くのですが
目の前で見たとき
その迫力とエネルギー、かなりのものです。

一緒に参拝していた方も、言ってました。

正式参拝できて、本当に良かった。

どうせなら、一度、正式参拝されてみると良いと思いますよ
(^◇^)

そのあと、天河神社の宮司さんの講演などを聞いたあと
東京大神宮に行きました。

社会投資家への道

靖国神社に置いてあったパンフレットをみて
すぐ近くにあるってわかったから。

東京大神宮、飯田橋にあったんですね。

初参拝です。

街中の小さな神社ですけど、縁結びて有名なんたね。

若い女の人がたくさんいました(^◇^)

【こんなものいらない!】その2 タバコ

現在タバコを吸っていらっしゃる方、および、JTの方には申し訳ないですが、いらないでしょ。

いま吸うようになってしまった人にとっては、なくては困る、ってことになるだろうけど、もともとなかったら、吸わなくてよかったわけでしょ。

最近は見なくなりましたが、昔の映画では、かっこいい俳優がタバコをふかしたりするのを見せられるわけでしょ。
そうすると、カッコつけようとしたり、大人ぶったりして吸うわけですよ。

今、タバコをなくせ、と言っているわけじゃないよ。
無理だろうから。

でも健康を害する可能性が非常に高いとわかっているものなのだから、もともとなくてもいいでしょ。
もともとなかったら、誰も吸ってないんだから。

もともとはタバコを売ってもうけようとした人たちが、ひろめたものだよ。

お金をはらって、自分の身体を汚して、被害者はタバコを吸っている人たちなのに。
でも、タバコを吸うのは個人の自由だ、とか、タバコ吸ったからって肺ガンになるとは限らないとか。

まあ、いいけどね。

ないほうがいいと思うんだけどなあ。(*^。^*)

凛の国

現在は出版されていないのですが、ある方がセミナーで紹介したら、みんな一気にamazonで、中古品を競い合うように買ったもんだから、10円くらいで売られていた本が瞬く間に数千円にまで値上がりしてしまいました。
それからだいぶ時間がたって、値段も落ち着いてきて、やっと読むことができました。

相変わらず、読書好きの母も絶賛してました。

日本って、いい国だねえ。

本当に、素直にそう思えるっていうこの感覚。

あまりにも洗脳されすぎて、日本のことを素晴らしい国だって、どこか思えていなかったり、言うことができなかったりしている自分にすら、気づいていなかったりする。

なんだろう。

過去の日本人の方々が、どんなに日本のために、がんばってくれていたのか。
そういう姿を見て、まわりの国々から、どのように思われていたのか。

アインシュタインが、日本のことを絶賛していたコメント。

昔の日本人を見て、アインシュタインのように感動させるものがあったんだ。

でも、正直に言うと、何にそんなに感動したんだろうって、どこか不思議に思ってしまうところがあった。

ひとつひとつ、前野さんの言葉で、日本の歴史を聞いていくと、素直に、日本人に感動し、尊敬する想いが湧いてくる。

いったいどこで、こんなふうになってしまったんだろう。

前野さんによると、GHQによる占領下の政策から、まったく変わってしまった。
その主張には、決して誇張や歪曲は感じられなかった。
むしろ、現在の日本の状況。
政治、教育、そしてマスコミの状況を見たとき、むしろ、腑に落ちる感覚すらあった。

そうか、そうだったのか。

教育や、マスコミの報道の圧倒的な量の前に、これが当たり前だと完全に思考がマヒしていたけれど、これが本当だとしたら、すべてが自然につながる。
そして、今日の日本のために身を挺して、命を投げ出して、学び、努力し、戦ってくれた方たちに、感謝したい気持ちになる。

実は、神社参り、好きであちこちの神社に行っていたのですけど、靖国神社には、まだお参りしていませんでした。
わざわざ行かないと行きにくい、ということもあったのですが、どこかマスコミなどの影響もあったと思います。

今度、27日の土曜日、靖国神社で以下のイベントに参加します。
http://www.facebook.com/events/631574363536152/?ref=14
ずっとお世話になっていた、ヒーラーのひとみさんから勧められてのことなんですけど、この本を読み終わったタイミングで参加できるのは、やはり偶然ではないなと。
天河神社の宮司の方が講演してくださるそうです。

凛の国、ぜひ読んでみられることをおすすめします。
$社会投資家への道

【こんなものいらない!】その1  原発

ああ、反原発ね。そんなこといったって、替わりのエネルギーどうすんのよ。
といった議論、テレビなんかでもさんざんやられてますよね。

でも、そういう場でも、あんまりこのことは取り上げられていません。
私は、このことに気がついてから、本当に原発をやめないとダメだ、と思うようになりました。

最近、PM2.5とか黄砂とか、ずいぶん話題になりましたよね。
中国の大気汚染が、日本にやってくるって話もありました。

中国に、どれほど原発があるか、みなさん気がついていますか?

先日、中国で大きな地震もありましたよね。

日本でいくら、原発の耐震性・安全性を高めたりとか、活断層の上に立っている原発は再稼働禁止だ、とかやっていっても、中国で事故があったらどうなります?

もう、日本は終わりですよ。

中国の原発の安全性・耐震性について、日本が何か言えます?

原発やめろ!とか言えます?

まあ、言うことはできるかもしれませんが、聞いてくれる相手ではありませんよね。

だから、日本が目先の利益で、原発やってる場合じゃないんですよ。
原発をやめて、代替エネルギーでやっていった方が、全然得だし、うまくいくよっていうモデルを構築していかないと、いけないんです。

その気になればできるとは思うんだけどなあ。

断捨離しなきゃ…

石井裕之さんのブログ
久しぶりに、お友達のリンクから見に行きました。
こんなに素晴らしい記事を自分はこれまで見過ごしてきたのか…
(・_・;)

何だか、いろんなものに振り回されて、大切なものを見過ごしていた自分が情けなくなった。

さかのぼって読んでいって、この記事がめちゃくちゃ心に響いたのでシェアします。

http://ameblo.jp/coldreading/entry-11512506103.html#main

成功できないのは、チャンスをつかめないのは
自分の中にある怖れがあるから。

そんな自分を慈しんで、一緒に一歩踏み出していきたい。

瞬間瞬間を生きる

ヴィパッサナーという瞑想法があります。

瞑想というと、足を組んで無の境地を目指す、みたいなものをイメージすると思いますが、ヴィパッサナーの瞑想は、日々の生活の中で実践できるものです。
歩きながら、食事をしながら、その一つ一つの行動を意識していくのです。

ちょっと意識的に食事してみたらわかると思いますが、私たちは食事のとき、無意識に、何も考えずに食事しています。そのひとつひとつの動作を、「噛む、噛む、噛む」「味わう」「飲み込む」と、意識しながら行動していくのです。
いかに今まで自分が食事を味わっていなかったのかに気づいて驚くことでしょう。

一瞬一瞬に気づいて、選択して、行動する。
自分の体感とつながっていくことで、他人に仕掛けられた人生から抜け出していくことができる。
それは、ノウハウなんかじゃないし、ましてやテンプレートなんかでもない。

目先の利益ではなく、本当の力を身につけさせる。

いつの間にか、そんな教育がめずらしいものになってしまった。

ナガクライズムキャンプ、そしておそらく小林一光さんのところは、数少ない、そういう空間なのだ。

小林一光さんと長倉顕太さんの対談です。

http://www.plsvr.biz/ikkostep/?p=119

ナガクライズムキャンプ、第2回目終了

自分の直感もなかなかだな。

もともと、どんな内容なのか、当初全くわからなかった、このナガクライズムキャンプでしたが、受講するのにほとんど迷いはありませんでした。

その直感は正しかったな。

そうあらためて思えた、今日のキャンプでした。

目先の利益を取りに行くような、「これをやれば誰でも儲けられる方法教えます」みたいなセミナーではありません。

キャンプという名前にふさわしく、根本的に、土台から鍛えあげられる、という感じです。

正直、厳しい課題も出てきます。

が、やりきれば、結果は出るな。

そういう確信が、だんだん確かなものになってきました。

「人間力」が試される時代

長倉顕太さんと内藤加奈子さんの対談を見ました。

http://youtu.be/6__EiU4xbYI

ヤバい!

長倉さんと対等に話をしている!

長倉さんと対談することで、箔をつけようなんて気配は微塵も感じられない。
というか、この人は長倉さんを超えてるかもしれない。
少なくともこの対談の中では長倉さんは聞き手に回っている。

「死なないから大丈夫!」と、心から!、サラッと言えてしまう人って、何なんだろう。

接客のことなんて、勉強したいとも思わないが
この人の本は買いたいし、この人に逢いたい(*^_^*)

マジ、ヤバい

内藤加奈子の生きざまに惚れてしまったみたいだ
(^◇^)

本のキャンペーンで、内藤加奈子さんの無料セミナーが5月8日にあります。
平日の夕方なんで、ちょっと行くのは厳しいなあ、と思っていましたが、この動画を見て、そんなことは言っていられない。
何が何でも会いに行く。
今、そんな勢いです。


早速、購入して一気に読んでみました。


正直言って、販売とかVMD(ヴィジュアル・マーチャンダイジング:商品の陳列の仕方)の話が続くので、私みたいに直接そういう知識が必要がない人間には、ちょっと飽きてくるところはありました。

ですが、なんで内藤さんはこういうことに気がついたんだろう。

だって、販売している人だって、みんなプロとして、いろいろ試行錯誤しながら、日々努力しているわけでしょ。

そういう人たちと、内藤さんとの違いはなんだったんだろう。

最後の章に、売り上げをつくれるスタッフになるためのトレーニングが書いてあります。
本やセミナーでインプットしたことを、即実践でアウトプット。
毎日出会う接客の先生をお手本にする。
なんてことが書いてあるんだけど、最後にこんな一言。

「接客とは、人を大切に扱うことです」

この文章だけ読むと、あたりまえじゃん、って思うかもしれないけど、ずっと読んできた最後にこの一言を読んだとき、なるほど~って感じました。

おわりに、に書いてあるひと言。

「私たちの仕事は『人間力』が試される仕事です。常に心、頭、言葉、もっと言えば『魂』まで、あらゆる要素を総動員して、目の前にいらっしゃるお客様という『人』を大切に扱う仕事です」

それまでの常識とか、マニュアルとかに縛られず、自分の感じたすべての「人間力」を動員して、目の前の「人」と接する。

プロフェッショナルですね~。(^◇^)

初ナンパ・・・・・・未遂(^_^;)

「ナガクライズムキャンプ」の宿題

「口説いてこい!」

をなんとか達成するために、いよいよ追い込まれてきたので
昨日、今日と、とにかく水戸駅まで出かけて行った。

茨城の田舎で、ナンパができそうなところ
とりあえず、こんなところしかないかなと。

ストリートナンパなんて、生まれてこの方、やったことがない。

なんて声をかけて、どうやって話をしようか?
なんて考えているうちに、ドキドキになってくる。

自分がこれまでナンパとかしてこなかったのは
自分が大したことがないのがわかってしまうのが嫌だったからだな。

とか

俺、自分の都合だけで考えてら。

声を掛けられてしまった女の人が不快な気持にならずに、
逆に、喜んでもらえるにはどうしたらいいんだろう。

とか

極限になると、いろいろと気づくものです。

以前聞いていた、石井裕之さんのダイナマイトモチベーション
真剣と深刻のところ、とか
マインドマッスルを鍛えるところ
などを駅の駐車場で聞いて

よし! 嫌なことに飛び込むつもりで
失敗しても笑い話にして報告してやればいい

なんて思って、街に繰り出してみたものの

いざ、声をかけようとするときには
頭でおぼえたような知識は、どっかに吹っ飛んでしまってます。

いやあ、やっぱり苦痛を避けようとしてしまうんですよねぇ。

あと、2日半。
いよいよ切羽詰まってきました(^_^;)

久しぶりに夢を見た

ある程度、無料〇〇なんていうメールや動画を整理はしたのだけれど、それによって、見落としていた情報にちゃんと目が行くようにはなった。

やはり、自分の処理能力には限界がある。

で、もうちょっとやることをフォーカスしないと、あっちこっち手を出して、何も身につかないまま終わってしまいそうだ。
売り込む方は必死で無料〇〇を送ろうとするけど、なにも律儀に全部につきあってあげる必要はない。のですけどね、どうも捨てるのが苦手で。
先日も、本の整理に手を付けたのは良いんだけど、つい、ペラペラしていると、捨てられなくなってしまう。

いま取り組んでいるものに関しても、どんどん宿題が出たり、動画や音声がやってくる。
正直、これを確認するだけでもひと仕事。

いったい、俺は何をやっているんだ((+_+))

先日の、遠山温子さんの引き寄せの法則セミナーに参加して
ちょっと一息ついて、深呼吸してみる。

ああ~、夜もゆっくり寝ていない、ことに気づいた。

昨日、朝寝坊することができたのだけれど、久しぶりに夢を見た。
「そうかあ、夢を見ることもできないような眠り方をしていたんだ」と、あらためて気づいた。

もうちょっと、ゆっくり自分の声を聴く時間をつくらないといけないような気がする。

宿題は、自分につながってから、だ。(^◇^)

現状維持メカニズム

FX-jinさんから聞いた話。

石井裕之さんの理論とも一致します。

学習塾などで、50点のレベルの生徒を、集中的に勉強させて90点取らせたとします。
そうやって勉強させていったら、100点とかとっていきそうじゃないですか。

ところが、また50点くらいに戻っちゃうんだそうです。

自分の変化についていけないんですね。

ですから、指導者としては、生徒の脳が気が付かないうちに、50点を55点にして、
さらに55点を60点にして、65点、70点ってしていく。
そのくらいになると、さすがに生徒の方も気が付くけど、それほど落ちない。

少しずつ、少しずつ。

じっくりと力をつけながらすすんでいきましょう(^◇^)

透明な信念

「こんなに苦しい状況だったとき、○○さんがいたおかげで立ち直ることができました」
みたいな体験談ってよく聞きませんか?

私には、めちゃくちゃ苦しかったとき、そういう人が現れませんでした。
なんで自分には、助けてくれる人、支えてくれる人が現れないんだろう。
そんなことを考えていました。

この原因がわかりました。

私には、
「人に頼らずに、自分でやらなければいけない」
とか
「人に頼ってはいけない」
みたいな信念があったんです。

ちょっとこれまで気がつきませんでした。

なるほど、こんな信念持っていたら助けてくれる人なんて現れないだろうし、
仮に目の前に現れたとしても、自分が差し出された手をつかもうとしなかったら、そりゃ助かりませんわな。

プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。