スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリオネアアカデミー東京セミナー

本日、FX投資のミリオネアアカデミー、東京セミナーに行ってきました。

昨年10月くらいから、かなり仕事がきつくて
FXの勉強も、FXのデモトレードもできないでいました。

そんな中で、「竹井祐介さんのお話はやっぱり聞きたい!」

と参加した今回のセミナー

やはり参加してよかったです。


とはいっても、私にとってFXの話は

だいたいはわかるのですが、竹井先生は早口で

正直、実践できるほどには理解できてない。

そんな状態なのです。

それでも、角田先生の

「時間がないのはトレードで結果が出せないことの理由にはならない!」

というお話にドキッ! (・_・;)

めっちゃ印象に残りました。


あと、竹井祐介先生の、社会投資に関してのお話。

FXの勉強は、他のところでも教えてくれるところはたくさんあるでしょうが

ミリオネアアカデミーと竹井祐介先生の魅力は

この社会投資のベースとなっている考え方にあるなぁ~

と、今回改めて感じました。


なかなかFXのセミナーでは、深いスピリチュアルな話は聞けないですけど

いずれゆっくり、そういうお話も聞きたいものです。


そのためにも、結果を出して社会投資家となり

バリ島ツアーや合宿に参加できるようになり

竹井先生のお手伝いができるようになるぞ~!
スポンサーサイト

続 テンプレートはいらない? 

前の「テンプレートはいらない?」に書いたのは
いったい誰のメールなのかという問い合わせがありました。

別に隠すつもりはなかったのですけど

金山慶允(かなやまよしのぶ)さんの
【元学習塾の先生が教える】
『中学生でもわかる
 ネットビジネスの稼ぎ方とお金の秘密』
というメールレクチャーです。

興味のある方は、以下からどうぞ。

金山慶允(YoShi@Libertyze/左脳系スピリチュアリスト)

FC2ブログ:『Libertyze(リバタイズ)~”自由”を楽しむ技術~』
 ⇒ http://0329y.com/ke642/2A351 (FC2)

アメーバブログ:『悟りの書~Road to Awakening~』
 ⇒ http://0329y.com/ke642/3A351 (アメブロ)

Facebook個人ページ
 ⇒ http://0329y.com/ke642/4A351

テンプレートはいらない?

なかなか読めなかったけど、この人の一連のメールには目を通そう。

そう思って読み始めたメール。
こんなことが書いてありました。

長倉顕太さんもテンプレートを売るようなネットビジネスについて批判していましたが、この人もまた別の理由で、ノウハウやテンプレートを売るビジネスを批判していました。

ノウハウやテンプレートを買って稼ぐことができたとしても、結局それは一時的なもので、カンニングをして点を取るようなもの。
本当の意味で力がついたわけではないから「お金から解放される」ところまでは絶対に行かない、のだそうです。

私はまだ何が良いのか悪いのか、よくわかっていない段階ですが、なんだかこういう考え方、好きですね。

長倉顕太さんと浅見帆帆子さんが、なぜ?

え~~! (@_@;)

意外! 

あの長倉顕太さんが、なぜ?

まさか、浅見帆帆子さんとつながってるとは!

パワートークのPRばっかりかと思ったら
こんなイベントも紹介してました。

ちょっとそのまま引用しようかな。

以下引用
----------------------------------------------------------------------
今回も宣伝メールになりますが、笑

・私にとって記念すべき試みであり、
・累計400万部のベストセラー著者のイベント

です。

それは、ずっと私がやりたかった

地域復興

という社会性のあるイベントです。

そう、あのベストセラー著者

・浅見帆帆子さんが、
・日本のパワースポット丹後の地で講演

するというイベント。

しかも、私が企画で絡んでいます。

そうです。

私は、

丹後の伝統を語る実行員会のメンバー

でもあり、

浅見さんと以前から仕事していた関係で、今回のイベントが実現したんです。

<イベント詳細&丹後の詳細はコチラ>
http://mmct.jcity.com/?c=34&e=o_GckO89zHYWoBLZ%3B4BhIQ11
(パワースポットの詳しい解説が載っています)

----------------------------------------------------------------------

う~ん、行ってみたい(*^_^*)


長倉さんのメルマガはこちら

<宣伝のないメルマガ『ナガクライズムレター』>
http://tinyurl.com/asjaut5

捨!

今の会社も、一応、明日で最後。
きょうは、支店に置いてあった自分の荷物を、ほとんど片付けた。
支店は、3LDKのマンションに自分ひとり。
寝泊りもできる状況だったので、そこそこ荷物がある。

荷物はとりあえず引き上げたが、かなり散らかっている。
会社もそうだが、自分の部屋も、片付けの途中で止まっているので、悲惨な状態だ。

部屋は心の鏡、でしたっけ?

4月以降、身体を回復させながら、まずは「捨てる」の作業を完結させる。

ネットビジネスの世界、まだ何もしていませんが、ちょっと触れただけで、無料動画とかなんとかが処理できないくらい集まってきて、メルマガも、何がどうだったのか、わけがわからない。

仕事、長時間の運転、家に帰って親の介護・・・
1日に自分が使えるわずかな時間。

あれもこれも、やっていられない。

携帯の不要なアドレスを消すように
不要なメルマガ、不要な無料動画
不要なアドレスを消していこう。

そして、ゆっくり深呼吸して
いったいどこに集中するのか

いったい誰にオールインするのか

見極めていこう

一点突破!

なんでもいい。

自分が心から集中できるもの、どうしてもフォ~~カスしてまうものにフォーカスして行こう。

公園で、桜の花を見ながら食事をして、ゆっくり深呼吸をして
鳥の鳴き声を聞き、ベンチでうたた寝して、いい気分になって
そして、自分とつながってから、踏み出していくんだ。
(^◇^)

パワートーク

$社会投資家への道

パワートーク、読み終わりました。

私が読んでいたら、母が興味をもって読み始めました。
デイサービスにもっていったら、介護の方に、読み終わったら貸してほしいと言われているそうです。
すごい本読んでるね~って言われているようです。
読んでいて、おもしろいと言ってます。
(^◇^)

で、私の感想。

井口さんの体験談に、強烈に惹きこまれます。
パワートークということで、3つの話し方を解説。
ここまでは、よくあるパターンです。

ところが、井口さんはさらにその先まで解説してます。
言ってみれば、手品の種明かしをしてしまうような感じです。

井口さんが、単に本を売るだけではなく、
読者が、仕掛ける側としてパワートークが使えるようになること
を意図していることがわかります。

う~ん、なるほど~。

実は、この本のプロデューサーである長倉顕太さんの影響がなければ
読むことはなかったと思うんですが、
長倉さんは好きでも、井口さんは、正直あまり好きではありませんでした。

今日、その理由がわかりました。

井口さんは、体験談にあるように、以前はいじめられっ子だったとのこと。

それを克服して今のような成功者になったということなんですが、
その、以前いじめられっ子だったということが、
自分のことを見ているようで、どこか好きになれない、ということみたいです。


私は、イギリスの大コメディアン、Mr.ビーンが嫌いなんです。

おもしろいから笑いますが
「自分は能力がないのに、能力があるふりをして、失敗をしてしまう」
という役どころが、どうしても痛くて
あまり好きになれないのです。

まるで自分を見ているようで・・・

パワートークの第一段階
自分との対話の第一歩です。

(^◇^)

0からの始まり

本日の走行距離は210km。
役所で書類を提出したあと、ガクッと疲れが出て、しばらく横になってました。

久しぶりにちょっとガストでお茶&あんみつしてからの帰り道
ずっとこの曲聞きながら帰ってきました。

KOKIA 0からの始まり
http://www.youtube.com/watch?v=D2YypEDdKOU

いい加減、何回も聞いていたら飽きるか、と思っていましたが
全然飽きない。

ナビを思いっきり拡大表示して、俯瞰してみながら走ってみる。

高速道路を走っている時など、全体が見えた方がおもしろかったりする。

きょうは我孫子市から柏インターまで戻って、そこから常磐道を北上して家に戻った。
我孫子市からいったん南下して柏インターまで戻るのが、道も混んでいることが多いし、まわり道しているような気がしていたんだけど、全体をみると、やはりそのルートが一番効率がいいことが一目でわかる。

目先のこと、
どこが混んでるとか、どこにコンビニがあるかとか、
そんなことより、時には全体を俯瞰してみることが必要だな。

何回もまわり道をしてなかなか目的地に着かないように見える自分の人生を、
たまには俯瞰してみるか。

そんなことを想いながら、この曲を聴き、気持ちよく高速を飛ばしてきました。


ひとみさんのコンサルティング

久しぶりに、ひとみさんのコンサルティングを受けてきました。

「会社辞める前に相談してくれたらよかったのに…」

と言われましたが、なにせ、ひとみさんがご結婚されてから、しばらく疎遠にしていましたから

(*^。^*)

ひさびさの登場なのでブログへのリンク貼っておきますね。

http://ameblo.jp/brightnavi/


さて、本来、今はまだ辞める時期ではないようです。

辞めることがダメだとかいうことではなく、1年後だったらよかったのに、とのこと。


それでも、いろいろとお話を伺い、

ま、認めていただいた、というわけではないのですが

いろいろと相談にのっていただきました。


静かなんですけど、よりパワフルになったという感じです。


ひさびさにお会いしたひとみさん、なんだかよりいっそう輝いて、美しくなっておられました。

(*^_^*)


「長倉顕太」のつくり方

ナガクライズムレターNo.11を読んで考えたこと

何かをしようとすると、不安が出てくる。
不安だから、何もしない。

自分のことを振り返ってみると
正直言って不安なんか感じたくはない。

その点、長倉さんは不安を愛せ!という。

自分は、そして多くの人は、「安定した幸せ」みたいなものを望んでいるんじゃないか。

安定と不安と、どちらがいい?

安定じゃない?

じゃあ、奴隷と成長と、どちらがいい?

成長?

でも、成長するって、いろんな行動をしたり、その時にいろんな感情を経験したり、不安に思ったりするよ。

本当に望んでいるものは何?

不安を避けて、安定を求めても、結果的には不安からは逃れられない。

不安を愛す、ところまで飛び込むことができたとき、
そのときは不安ではなくて成長にフォーカスしている。

このへんが鍵のような気がする。

損得勘定の裏には、損したくないという思いがあり
それは「損」にフォーカスしているから
結果的にマイナスの現実を引き寄せる。

損得勘定をやめて、本当の意味で成長にフォーカスできたとき
不安すらも自らの糧として吸収し、成長というプラスの現実を引き寄せることになるのだろう。

安定を捨てて、成長にフォーカスする!

不安を愛して、成長にフォーカスする!

これが「長倉顕太」のつくり方、なんじゃないか。

さて、本当に心から成長にフォーカスできるのか?

久々の無駄な時間

年度末で会社を辞める人間が、私の他に2人。

つまり年度末で会社を辞める人間3人と
一緒に同じ現場をやっていた仲間(彼は会社に残ります)1人とで
まあ、送別会、をやりました。

そういう会社の付き合い、無駄だからやめた方が良いよ

みたいな意見、あると思うけど、
ほとんど車で移動しているので
わざわざこういう機会を作らないと
ほとんど飲み会もできない。

そんな会社でした。

今、そんなわけで、久しぶりに酔ってます(*^_^*)


お茶の水で待ち合わせしていて

ナガクライズムキャンプの宿題のことを意識しながら
道行く人を眺めたりしていました。

自分のようなおっさんが、宿題をこなすとして
どんなシチュエーションなんだろう。

みたいなこと考えながら、1時間近く待ちゆく人を眺めていました。

田舎で、ふだん自動車で動いているので
なかなかない、貴重な時間でした。

まだ宿題にはチャレンジしていません。

深刻にならずに、かつ真剣に

来月までにクリアできるだろうか?


ちなみに、ナガクライズムキャンプの宿題とは

誰かを口説いてくる、ということです。

別にナンパに限らないのですけどね。

(^◇^)

税金の話

今月は税金について、元国税局の方の話を聞いた。

サラリーマンだと、あまり税金に対して意識していないので、正直ついていけないところも多かったけど、国税の方々の目をかいくぐって脱税する、なんてことは不可能だということはよくわかった。

そして、国内だろうと海外だろうと関係なく、税金はかかってくるんだってこと。

そして、素直にきちんと申告した方が、結果的には得なんだ、とのこと。

このへんの話が、いまいちピンとこなかったところなんだけど、おそらく、初めからきちんと計画を立てて、事業として取り組んでいけば、経費もきちんと計上できるってことなんだろうか。

これまで所得税の確定申告くらいしかしてこなかったので、あまりにも税金についての知識がない。

プロジェクトWAKYOで、まず最初にやることはライフプランを作ること。

ライフプランの中で、計画の中で、出口をきちっと決めてやっていく。

あとから、これは事業でした、って言っても認められないことが多いとのこと。

やはり、最初から覚悟を決めてとりくまないといけないんだな。

いまさらですが、保険の見直しをしました

プロジェクトWAKYOのスカイプコンサルを受けた。
まあ、今月で会社を辞めて、そのあとの見通しも立ってないという状態なんで、正直コンサルのしようがないという感じで、半ば呆れていたみたいでした。そんな私に対しても、丁寧にアドバイスしてくださり、ありがとうございました。

マスコミやテレビでの洗脳、というか情報にはどうしたって影響を受けてしまう。
気をつけている分野だったら何とか対抗できるかもしれないが、すべての分野に気をつけているわけにもいかない。
よって、だまされる。

もう、一方的に与えられるテレビみたいな所からの情報は、いっそ捨断したほうがいいんじゃないかとさえ思える。

詳しいことは書ききれませんが、何十年も前、保険に関する本を読んだら「保険は掛け捨てがいい」と書いてありました。
今も、テレビなどでは、保険料の安さを競い合っているようなところがあります。

安かろう、悪かろう。

安いけれども、掛け捨ての保険。文字通り、かけていったものをすべて捨ててしまう。あとには何も残らない。

高いけれども、貯蓄型の保険。

始まってから終わりまでのタイムスパンで考えたときに、どちらが得なのか。

私は専門家ではなく、ちょっとプロジェクトWAKYOの講座で教わっただけですが、その差は歴然としています。
そして、お金を持っている人が入るのは、高くても貯蓄型の保険。
だから、富める人は、ますます富んでいく。
お金を持っていない人が入るのは、安くて掛け捨ての保険。
だから、貧しい人は、ますます貧しくなる。

今回のコンサルでも、掛け捨てで入っていた安い医療保険を、違う形のものを提案してもらいました。

振り返ってみれば、堅実な人生とはほど遠い、お金をわざと捨てるような生き方をしてきたので、ま、いまさら、という気もしなくはないのですが、小さな一歩の積み重ねが、大きな一歩につながり、人生を変える、と信じて、今を楽しくいい気分ですごすことに集中するのです。
(^◇^)

我慢禁止令! 透明な容器からの自由

今日は、片道100km以上離れた現場にて作業してきた。

今年度のちょっと大変な仕事は、これでだいたい片付いた。
あとは、報告書をまとめて、完了させること。

スタバでちょっとネットしていたんだけど、そのあと
ちょっと黙想していたら、もう身体が疲れ切っていることが感じられました。

往復の運転で、何時間も貴重な時間を取られること
車の運転で、身体が限界に近いところまで疲れ切ってしまっていること

これが会社を辞める理由です。
きっかけは長倉さんに、背中を押されて、崖に突き落とされたんだけどね。(^◇^)

さて、我慢をするなってことに関して。

自分がそうだったから言うんだけど、我慢する人って、自分からすすんで、きついことをやってしまったりしますよね。

会社のために尽くしたり、国のために自分を投げ出したり
我慢して〇〇に尽くすってパターン。

なんでそんなことするんだろうって、まあ、その〇〇に気に入られたい、嫌われたくないってことがあるんだろうけど、
黙想しながら、なんとなくこのことについて考えていて
思い浮かんだのは、小さな透明な容器の中に閉じ込められたノミ。
あるいは子供のころから、杭にロープで縛りつけられた象のこと。

小さな容器に閉じ込められたノミは、本当はものすごく高く飛べるのに、飛び上がろうとすると、透明な容器にぶつかって、跳ね返されてしまう。
それを繰り返しているうちに、ぶつからないところまでしか飛ばないようになる。
そこまで調教されたノミは、容器がなくなったあとでも、高く飛ぶことをしなくなってしまう。

子供のころに、杭にロープで縛りつけられた象も同じ。
子供のころは、逃げようとしても、ロープから逃げることができない。そして、いつしか諦める。
大人になって、その気になれば、簡単にロープを引きちぎり、杭を抜いて、いとも簡単に逃げ出すことができる力が備わっているのに、その象は、ロープに縛られたままでい続ける。

学校教育の中で、小さいころから、透明な容器をかぶせられ、そこで与えられた価値観の中で生きることを強制されている中で、いつしか飛ぶことを諦めて生きていくようになる。

学校、会社、社会、国家・・・
容器が変わっても、透明な容器の中であることは変わらない

透明な容器の与える価値観

透明な容器の中の自由

透明な容器に中にいることで得られる安心?、安全?

そしてその与えられた価値観の中で、少しでも高みに登ろうとする。
より良い成績、より良い学校、より良い会社、より高い地位
より良い車、より良い家、たくさんのお金、などなど

ごく一部の人だけが、その容器の外側に飛び出す

容器の中にいる人たちは言う

危険だよ、大変だよ、うまくいくのはほんの一握りの人だけだよ

容器の外に飛び出した人に見える世界は、どんな世界なんだろう。

必ずしも「成功」、透明な容器の中の価値観で言う「成功」した人ばかりではないかもしれないが、すでに容器の外側に飛び出すことができただけで、成功なんじゃないだろうか?

今度こそ、容器の外側にジャンプできるだろうか?

我慢禁止令!その2

めずらしくfacebookで遠山温子さんのシェアをしていたら、
パソコンが強制再起動しやがった!((+_+))
せめて確認してから再起動してほしいよな。

さて、温子さんもコメントの中で、自然と感謝があふれてくる、みたいなこと書いてます。

最近、我慢についてフォーカスして書いてますけど、自分が我慢した生き方していたら、感謝が自然と湧いてくるみたいなことってないんじゃないかな。
我慢した生き方って、奴隷みたいなもので、自分とつながっていなくて、自然じゃなくて、幸せもあんまり感じていないだろうから、感謝と縁が遠そうだよね。

「感謝しなければいけません」
「〇〇に感謝しましょう」
なんていわれてさ、
我慢してまじめに生きてる人は、
「そうか、感謝しなくちゃ」みたいにがんばって感謝しようとすることはあるかもしれないけど、それって違うよね。

我慢しないこと
自分がまず良い気分でいること
幸せを感じること

それができて初めて感謝がでてくるんだろうなあ

我慢人間だった私は、まだまだです。
が、一歩一歩、楽しんですすんでいます。(^◇^)

* * * * * * * * * * * * * * * * * 

と、何気なく「一日一歩楽しんで進んでいます」みたいに書いてしまいました。

「進んでいます」?

ってことは無意識のうちに「今のままの自分じゃダメだ」って思ってる?

だから、もっと自分とつながった状態、VORTEXな状態に向かって

「進んでいく」必要があるんだ、って。


う~ん、サーモン状態、根づいてるね~


ありのままの自分を受け入れるとか、よく言うけど、ほとんどの人は受け入れてないんだろうな。

だって、ずっと小さいころから、そういうふうに教育されてるんだもの。

こんなこと考えていたら、調和できなくなってしまうわ。


ふう~~っと深呼吸して、ステキな音楽でも聞いて、良い気分、良い気分 (^◇^)

我慢禁止令!

小さいころから良い子として生きのびる方法を選択してきた。
自分のやりたいことを抑えて、周りの期待に応えること、つまり我慢することによって、無用な抵抗を避け、周りに気に入られるという方法。
これって、考えてみれば、奴隷がご主人様の気に入られるように、従順に命令に従い、期待に応え、怒られても耐えるって姿と一緒だ。

会社員、なんかもこんなイメージがある。

我慢するのをやめたら、
まわりから非難されるんじゃないか
わがままな奴だと思われるんじゃないか
まわりから嫌われるんじゃないか
いじめられるんじゃないか
ひとりぼっちになってしまうんじゃないか
・・・
みたいな不安が出てくる。

自分だけ、いい思いをしちゃいけない。
自分だけ、楽しんじゃいけない。
みたいな信念も我慢の裏側にあるような気もしてきた。

そんな思いを引きずって、我慢して生きていたら
・・・
成功者をねたんだり、成功している人の失敗に注目したり
ときには、足を引っ張ったり、といったことをしてしまいそうだ。

我慢しないで、まず自分が良い気分になること。

まず、自分が楽しむこと。

ナガクライズムにも引き寄せの法則にも共通の課題です。

(^◇^)

アウトプット禁止令?

遠山温子さんの引き寄せの法則セミナーにはまっているんですけどね、遠山温子さんからキツ~イ投稿が。

うまく引き寄せができない人の共通点
というのが、男性にありがちなパターンで

「生き方(成功哲学、自己啓発)の勉強をし過ぎている」
「だから引き寄せの法則も理解し、学びの為にセミナーに来る」
「そして得た知識をすぐアウトプットしたがる、教えたがる」

まさに、私のことです。

温子さんからは

「遠藤さん、よくわかってる!!!
おっさんにありがちやから(爆笑)
どうしても学ぶことと変化を強いられて生きてきたから、クセが残るんよ~
徐々にホントの自分とつながろう~無理せず、徐々にねドキドキ

というあたたかい言葉が。

引き寄せの法則の話題も、なかなか良い題材だったんですけど
そんなわけで、アウトプットしてる場合じゃなくなってしまいました。

引き寄せの法則に関しては、自分がちゃんと調和して、引き寄せることができたときだけ報告しますね。

書評 

ごぶさたしてます。
お休みしていた経緯、いずれ書いていくつもりですが
2月末、久しぶりに熱出して倒れたりしてました。

さて、長倉顕太さんお勧めの3冊、読みました。
長倉さんが直接かかわった本ではないみたいですけど、やっぱり長倉さんが勧めるだけあって、どこか共通するものがあります。

まず、「10年後に差が出る! 富を作るために「お金」と「経済」を学びなさい」 菅下清廣さん

正直、マスコミとかの情報で、今の日本について、あまりプラスの印象を持っていなかったんですけど、いきなり「日本人に生まれたことは、それだけでものすごく幸福です」と。
ただ、ほとんどの人は、このままではそのチャンスを生かせない。まずはきちんと経済を学べと。
そして「あなたの人生は誰が何と言おうとあなたの思うままに生きていいのです」と。
そして、さまざまな経済のことについて、チャートを見ながら、その短期的な展望、長期的な展望について解説してくれています。
何をするにも、ファンダメンタル、経済的な知識の土台は必要ですね。

プロフェッショナルの絶対「目標達成法」
井上裕之さん

実は、遠山温子さんの引き寄せの法則セミナーに入れ込んでいるのでね。正直言うと、こういう成功者の書いた、成功本はまともに読めなくなっていました。
ただ、遠山温子さんの影響を受けながら読んでみると、やっぱりこの井上裕之さんも、やっぱり自分とつながって、やりたいことをやって成功しているんだな、と感じました。
「成功法は自分流にアレンジする」であるとか、「ミッションの前にリスクなし」であるとか、「正しい努力には苦痛はない」だとかね。
表面的な行動ベースのことだけ読んでしまうと、ちょっとキツイなと思ってしまいますが、やはり成功者は成功するべくして成功しているのですね。

まずは「信じる」ことをやめなさい
苫米地英人さん

これまた正直に言うと、苫米地さんの顔が濃いので、ちょっと敬遠してしまっていたところがありました。
今回の本、みんな信じることが好きなのですから、信じることをやめなさいって言われて、買いたいと思うかな?
と思ったりしたところもありましたが、意外と面白かった。
なんとなく、みんな、宣伝とか、情報操作されているとは感じているだろうけど、専門家から見て、もっと大きな意味で、自分たちはとてつもなく洗脳されていて、奴隷としての生き方にならされてしまっている。
やっぱ、奴隷としての生き方を抜け出して、自由に生きるためには、必読書ですね。社会投資家への道 (「ヒーラーへの道」改め)

プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。