スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜在意識の世界 ~母の認知症~

認知症の母

最近処方が変わって、だいぶ落ち着いてきたんだけれど

それでも、まだいろんな世界に突っ込んでいるみたい。


よく認知症で、「ここが自分の家じゃない!!」

みたいに言うケースがあると聞くけど

ようするに違う世界に突っ込んでしまっているんだな

というのがわかります。


母は、居間の椅子に座っているのに、運転している車に乗せられていると

感じたりしているようです。

家の中に田んぼや林があり・・・

まあ、そりゃそんな家はないから

自分の家じゃないと思うよな。


私はかつて激しい修行をしていた頃

潜在意識に突っ込んだ経験があります。


ずっと寝ないで経典を読んでいるんだけど

まず、まわりの音が変わってきて

見ている世界もゆがんできます。

そして違う世界に飛び込んだりします。

経典の文字が躍り出し

全く違う本になったりします。

たぶん自分が声に出しているのも、経典の言葉ではなく

わけのわからないことを話していたんだろうなと思います。

突っ込んでいたからわかりませんが


まさに夢の世界を生身の体で経験しているようなものです。


そういうことが起こると私は聞かされていたので

ああ、自分は今突っ込んでいるんだなと

思いながら続けていられましたが

もしその世界が現実の世界だと思っていたら

そりゃ混乱するだろうな。
スポンサーサイト

マイ部屋 with トックリヤシ

$ヒーラーへの道-マイ部屋 with トックリヤシ


いつも冬を越すのに苦労するトックリヤシさん

きょうはちょっと冷えてきた感じなので
ついにマイ部屋に上げることにしました。

母の介護で、部屋は片付けることもなく散らかり放題ダウン


でも、なんとなく、トックリヤシさんも、落ち着いたような感じ


そりゃ、玄関先よりはあったかいからねひらめき電球



今年の夏、伸びてきた新芽。


いつも、夏に新芽が出るのですが

冬を越す間にボロボロになってしまいます。


でも、今見ると、もうひとつ、新芽が出てこようと

芽を出しかけていることに気がつきましたヾ(@^▽^@)ノ


今年の冬は、うまく乗り切れるでしょうか

公演の紹介

http://ameblo.jp/wakoro-tamamo/entry-11027005175.html

玉藻前~TAMAMO~
という坂本祐祈さんが主演の公演。

なんで紹介してるかって

私の一押しヒーラーの秋月瞳さんが、
9月29日のブログ「女神になるセッション」で紹介していた女優さんがこの坂本祐祈さんだったんだって。
http://ameblo.jp/hug-kumu-sha/


う~ん、たしかに綺麗だ(*^o^*)

認知症の母 救急車搬送

さて、ちょっと前の日記で
流れが変わった、みたいな日記書いたのですけど

薬の処方が変わったその夜

なかなか寝付けずにいたり
翌日は一日中興奮状態で、意味のない言葉を話しまくっていたり

なかなか一進一退

本当に流れが変わったのかな?

なんて思っていたら

14日の日は一日中落ち着いていて
非常におだやか。

これまでにも思ったことですが
認知症とか精神薬は、その処方や分量を変えただけで
症状が全く変わってしまいます。

人間の感情とか思考とか、脳の働きなども
脳の伝達物質などが変わってしまえば
全く変わってしまいます。

そうしてみると、我々の感情とか思考とかって
何なんだろうと思ってしまいます。

母も落ち着いて食事を済ませていたので
私も落ち着いて食事を済ませ
さて、ゆっくりと世界体操でも見るか

と思って、ふと隣に座っている母を見ると
椅子から倒れるようにして、体を硬直させています。

口を固く食いしばり、痙攣状態。

見ると、食卓には小さく切った梨が…


のどに詰まらせたか…?


台所にいた姉も飛んできて

私は即119番通報。


下から上に突き上げるように背中を叩いて!

という指示で背中を叩いていると

1~2分くらいでちょっと落ち着いて
呼吸と脈を確認できました。

5分ほどして意識も回復。

救急隊の人に抱えられて、病院には行きましたが

そのころには、もう大丈夫だな

というところまで落ち着きました。


いやはや、なかなかスリリング。
何が起こるかわかりません。


今日は、そういう経験をした後
正常な人でもショックを受けますから
さすがに一日中興奮状態
またいろんな言葉を口走りながら
おそらく、いろんな感情を吐き出しているのでしょう。

落ち着きのない状態に戻ってしまいましたが
おそらくエネルギーを吐き出してしまえば
また落ち着く状態に戻るな

そう思えるようになりました。


母の場合は抗うつ薬、抗不安薬などが効果的なようです。


やはりなんだかんだ言っても

守られているのかな。


やはり、流れは変わってきているんだろうな

と思います。


母は、私の頭の上の方を指さして

何か口走っています。


何かいるの?


というと、神さまがいると言います。


以前は地獄の底の底に行っていましたから

本当に処方でまったく変わってしまうのですね。


私の頭の上の神さま

ありがとうございますニコニコ

流れが変わった?  ①認知症の母の治療

昨日、今日と、作業環境の講習で東京に宿泊

久しぶりに母の介護から解放されて、ちょっと一息

昨日はナヴァラトリ・ホーマの最終日
http://www.onenessnippon.com/homas/navaratri.htm

タイムリーに意識を向けることはできなかったけれど
ちょっと流れが変わった気がする。

そのひとつが母の治療。

かかりつけの病院で、認知症として投薬治療をしていたんだけど
最初は効果があると思った薬が
投薬を続け、量を増やしているうちに
逆に病状が悪化しているような感じさえし始めた。

そういう状況の中、他の病院に診せることも検討していたんだけど
紹介状云々の話などで、なかなか話が進まないでいた。

その話が動き出したのがちょうどホーマが始まった頃で
10月1日に脳神経外科に診せに行くことでやっと話がまとまった。

そこでMRIを撮り、脳にははっきりとした異常が見受けられないことがわかった。

アルツハイマー型の認知症などの場合
脳の委縮などが見受けられることが多い。

ということで、本来、紹介状を書いてもらって診せにいきたかった
認知症の専門の病院に紹介状を書いてもらえることとなった。

これまで、かかりつけの病院で紹介状を書いてもらえなかったのだが
あっさり紹介状も書いてもらえて自然に現象が動き始めた。

認知症の専門の病院に診せに行けることが決まったので
翌週の3日月曜日、予約の電話をかけてみると
空いているのが24日以降だという。

と、電話している最中に、突然、翌日にキャンセルが入ったとのこと。

予定も考えずに翌日の予約を取り
4日に認知症専門の病院に行けることとなった。

またまた、ミラクルな動きだ。

4日の火曜日、よくはわからないが、本来は水曜日に来るはずの
専門の先生が診てくれたそうだ。
診断だけで午前中いっぱいかかったとのこと。

う~~ん。
良い流れに乗り始めた感じだ。


いくつかの薬がストップとなり
認知症の薬が量を減らされ
漢方の精神安定剤を処方してもらった。



その後の経過は帰ってみないとわからないけれど
やっと流れが変わったような気がする。

ああ、今、渋滞でスカイツリーの前を
のろのろと走っています。ガーン

つくばへのバスの中です。バス

3連休の前の金曜日の夕方ですからね~

バスは流れに乗っていないようです(*^_^*)



プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。