スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報弱者から抜け出す方法?

長倉顕太さんがパンツ一丁で録音したという音声
「情報弱者について思うこと」というテーマです。
http://kentanagakura.com/data/audio/130704_0001.mp3

相変わらずおもしろいんだけどね。
相変わらず、長倉さんはムカついてて、熱くておもしろいです。

ただ、これを聞いていて、ちょっとだけ「あれっ?」と思った。

ま、日本の教育は、答え探しをやらせるわけで
情報弱者は想定内のことしかやらない。
これをやれば〇〇になれる!みたいなことばっかりやる。
そんなんじゃダメだ!
だから、想定外のことをやれっ!

という話の流れになるわけですが、
長倉さんほどじゃないけど
私もけっこう想定外のことはしてきました。

で、想定外のことをしたから情報弱者じゃなくなったか?
っていうと、いや、やっぱ、情報弱者だと思うんですよ。

ってことは、何かちょっと違うな、と。

想定外のことをやったかどうかが問題じゃなくて
自らに答えを求めているかどうか、が問題なんじゃないのか。

自らの中から出てきた答が、想定外なものだったとしても
それを受け入れて、実践できるかどうか。

ってことなんじゃないのかな。



長倉さんの話を聞いていて
エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」を思い出しました。

人はみんな自由に生きたい、ように思えるんだけど
なぜか、自らの自由を投げ出すような行動を取ってしまう
ってことだよね。

この場合は、誰かをヒーローにして、ついていくことで
結果的に自らの自由を失ってしまう大衆について書いてるんだけど。

情報弱者の場合は、誰かにだまされた!って誰かのせいにすることで
自分が責任を取らないでいられる。



「金儲けだって想定内の話じゃないか」
「おもしろく生きようぜ!」
と長倉さんは言います。


結局そういうことなんだと思う。


誰のせいにもせず
やりたいこと、おもしろそうなことをやりながら、
おもしろい人たちと一緒に
気持ちよく楽しんで生きる。

これだね。(^◇^)
スポンサーサイト

ナガクライズムキャンプ 運について

運について

どういうセミナーを想像しますか?

あの長倉顕太さんですよ。

私は、別に何も期待していませんでしたけどね。

「運がよくなる方法」みたいな話、を期待するのかな、普通は。

ナガクライズムキャンプに限らず、
お金と時間を使って私が学んで得た情報は、
基本的にメルマガで発信していこうと思っているので
ここでは詳しくは触れませんが
今日もおもしろかった。(^◇^)

なんで長倉顕太さんが運の話をするのか
って、決してスピリチュアルな背景からきているわけじゃないのね。

ギャンブラーとして、ブラックジャックで勝負をしてきたり
歌舞伎町でいろんな人たちを見てきた中で
培われてきたものですからね。

一般的に言われているものと
共通する部分も、当然出てきますけど
やはり、ナガクライズム!

普通に言われているものとはひと味違います。

言ってみれば、勝負師が真剣勝負の中で見出した極意。

ここまで引っ張ってきたんだから
ちょっとだけ披露しましょう。

麻雀の話で
最後の1局で、自分が大勝ちしていたとします。
なにごともなければ、トップをとれます。
そういう状況で、普通は大きな手に振り込んだりしないように
半分降りた形で、無難に終わらせようとしたりします。
が、
そうやって勝負しないでいると
必ず、次のゲームでは運が落ちる。
勝利の女神は、勝負している奴にだけ微笑むんだ。

みたいな・・・

自分の過去を振り返ってみて
運が良かったとき
運が悪かったとき
その、重大な局面のことを考えてみたとき
考えてみたら、まさにその通りなんです。

運が良かったとき、
みんなから驚かれるような結果を出せたときっていうのは
勝負に行ってるときなんです。

ところが、自分の人生を狂わせてくれちゃうような
重大な事件が起こったりしたときっていうのは
勝負に行かないで、妥協してたときなんですよ。

勝利の女神は、勝負している奴にだけ微笑む

考えてみれば、あたりまえかもしれないけど
深いでしょ?

(^◇^)





稼ぐ技術:ナガクライズムキャンプ

本日のナガクライズムキャンプは「クビでも年収1億円」の著者
小玉歩さんが特別講師として登場。

つい、本で書かれている内容だけで著者のことを判断してしまったりするけど
やっぱり著者に会わないとダメですね。

もちろん会ったからと言ってわかるわけではありませんが、全然受け取れるものが違います。

こういう機会をゲットできたのも、もちろん長倉顕太さんのおかげなんですけど、
やっぱりナガクライズムキャンプに迷わず申し込んだ自分、褒めてあげたいです。

(^◇^)

小玉歩さんの圧倒的な迫力の講義については、ここではシェアしませんけどね。

講義が終わったあとでの長倉顕太さんのお話で

いいかげん覚悟を決めろと!

覚悟が決めるのには、貯金なんかいらないと!

貯金なんかがあるから、覚悟が決まんないんだと。

だから、もっともっといろんな体験をするのに、どんどん金使って行けと。


ま、だいぶデフォルメされてますけど、(^_^;)
こんなお話がありました。

長倉さんの熱い話を、こんな数行にまとめるのって、そもそも無理ですからね。

ま、だいたいそんな話もあったということで

今回の宿題!

「それぞれが覚悟したことをちゃんとやってくる!」


これまでは、「口説いてくる!」

みたいに指定されてましたけど、今回は各自が決めてやる!

ってことで。


覚悟・・・


やりますよ。


何をって


シェアし合ったキャンプの友人がやるっていうからさ


ハートブルーの影響でね。


サーフィンじゃないよ。


私も、やりたいこと100個書いたりした中に、書いてましたので


やることにしました。


崖から突き落とされる前に、落ちてしまえ!


っていうわけで、やります。




スカイダイビング!



( ̄ロ ̄lll)


友だちにキャンプで宣言させちゃったんでね。


私も責任とってやらせていただきます。


さて、どうなりますか・・・

美人になる方法

社会投資家への道-ワタナベ薫 美人になる方法

ワタナベ薫さんの「美人になる方法」買ってしまいました。(^_^;)

男が買うのって、ちょっとためらわれたんですけどね。
本屋の店員さん、きれいな女の方だったんで、余計に・・・

男、長倉顕太さんがワタナベ薫さんとの対談
http://www.youtube.com/watch?v=SxBHm_18z_Iの中で、
この本の中で長倉さんがおすすめしているパートが

なんと!(・_・;)

「自分を愛することから全ては始まる」

なんです。

社会投資家への道-自分を愛することから全ては始まる

バレンタインデーなんかいらない!
と言っているあの長倉顕太がなぜ?

という感じなんですけど、

あれだけ本を買わせることにこだわる長倉顕太さんが、著者の目の前で

立ち読みでもいいから読めと!

って言うんですよ。

近くの蔦屋書店に隣接しているカフェで、買わずに読むことができるので
座り読みするだけのつもりだったんですが、ペラペラと読んでいて
やはりこれは!と恥を忍んで買いました。

まだ全部読んでいませんけど

たぶんいい本ですよ(^◇^)

魂を売っちまったかな・・・

たしかダンテだったと思うんだけど、魂を悪魔に売ってしまうような話が出てきますよね。
読んだのは、たしか学生の頃。
本当に悪魔がいて、魂を売る話だとは思わなかったけど、
どういう比喩なのか、あまり具体的にはイメージできていませんでした。

「加藤秀視×長倉顕太」出版記念特別対談
http://shushi.jp/syuppantaidan/index.html

見てたんですけどね。
学校教育に関して、まあ教師の批判とかの話もでてくるのですけど、
自分が批判されているような気がしてました。

まあ、加藤さんからだったら批判されても仕方ないな、
と思うだけのほとばしる情熱と熱い魂みないなエネルギーを感じました。

で、悪魔に魂を売るって話。

自分がやりたいこと、魂が望んでいること、があったとして
でも、それをやると、批判されるとか、先生とか親から怒られるとか、学校とか会社にいずらくなるとか、そんなこんなで、それをあきらめたり、まわりの人が望むことをやったりとかしちゃうわけでしょ。
ほとんどの人が。
だって、そうならないと、学校とか会社とかでうまくやっていけないから。

それって、自分の魂を売ったことにならないですか?

悪魔って誰?
って、それはここでは追及しないけど

悪魔って、損得で考えると魅力的なオファーをしてくるから、つい魂を売っちゃうわけでしょ。

おれ、魂、売っちゃったな。たぶん。

だけど、加藤さんも長倉さんも、魂を売り飛ばさなかったんだな。
だから、ふたりとも自分は昔どうしようもなかったって言ってるけど
悪魔の誘惑にのらなかったってことなんだろうね。

今もまだ、損得で考えようとしている自分がいる。
自虐的にわざと損しなくてもいいけど、
損得とか関係なく、自分の魂をとりもどしたい。

そして、これからの時代。
個の時代とか言われてるけど、魂のない個人なんかのことじゃない。

自らの魂の叫びに従い、自らの直感、感覚に忠実に行動する人間の時代。

だとすれば、まずなすべきことは、ノウハウを学び、行動することではなく
おのれの魂をとりもどし、魂の輝きを内側に見出すこと
なんだろうな。


プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。