スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【櫻井よしこさんがすごい!!! 第4弾】

今回は討論ではありません。

私が櫻井よしこさんのファンになって
まだ何日もたっていませんが
こんな私のかすかな情報発信に対して
読者の方から教えていただいた情報です。

ありがたいですねぇ。

第26回「正論大賞」贈呈式 櫻井よしこ氏「浮沈の危機 力尽くす」
7分の映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=0_zzwH5uEVQ


いろいろと調べていく中で
私にも「日本の現状」というものがいろいろと見えてきました。

たとえそれが正論であっても
政府にはそれをそのまま主張できない
いろいろな理由があります。

ですが、民間であれば
そう、私のように影響力もない
小さな個人であればこそ
何の気兼ねもなく情報発信ができるのです。

その数が増えていったとき
そして、以前の私のようにマスコミに洗脳されていた人たちが
あれぇ、おっかしいぞぉ~
と気づきだしたとき日本は一気に変わっていくはずです。


ま、大上段に振りかぶっても仕方ありませんから
これまでのように、ぼちぼちと
私が思ったことを遠慮なく情報発信していくつもりです。

(´ー`)y─┛~~
スポンサーサイト

【櫻井よしこさんがすごい!! 第3弾】

第3弾ってことは、当然1と2があるわけで
よろしかったらそちらもご覧になってくださいね。

1つ目は約15分
2つ目は75秒
そして今回は約42分の映像です。

もともとは、NHKでの3時間にわたる討論会。
櫻井さんの発言を中心に42分に編集されています。

http://www.youtube.com/watch?v=SwNlo7zZUPM


圧巻です。

いかなる議論に対しても
圧倒的な知識量で資料に基づき冷静に反論します。
その話し方は非常に礼儀正しく凛として論理的です。

相手の論客の方が、いきりたち、激昂して
感情的に話しているように見えます。


NHKの司会者に発言の機会が与えられなくても
発言の途中でさえぎられても
相手の論客が櫻井さんの質問に答えなくても


与えられた発言の中では
つねに礼儀正しく、冷静で、論理的です。

相手と戦うばかりではなく
謝るところは謝り、
そのうえで主張するところは主張する。

見事です。

しかし、どうしても私には、
NHKは意図的に櫻井さんの発言を制限している
ように見えてしまいます。

相手は自分の主張を言いっぱなしで、それに対する反論の機会が与えられない
というのは、あきらかに公平ではないです。


NHKは公正な報道機関ではなかったんでしょうか?

もちろん、わかってますよね。
(^_^;)


さて、ここで南京大虐殺の話が出ています。

櫻井よしこ氏がこの討論の中で提示している本はこちらです。

○「南京事件」探求 北村稔 文藝新書
○新「南京大虐殺」のまぼろし 鈴木明 飛鳥新社


「新『南京大虐殺』のまぼろし」はアマゾンでは中古本だけです。
大きな図書館には置いていると思います。
現在新書版で復刊された「『南京大虐殺』のまぼろし」
初期のものなのか「新」の内容なのか、まだわかりません。

これから南京大虐殺に関して勉強していくつもりです。

ではまた

【櫻井よしこさんがすごい! 第2弾】

「わずか75秒で慰安婦問題を切る」櫻井よしこ氏魂の叫び
http://www.youtube.com/watch?v=UCOIxwQRf48


またしてもきちんと資料にのっとって、冷静に論を展開しています。

で、こういった資料から見える日本人の姿は
私たちが思っている日本人にとてもぴったり符合します。

確かに、日本人の中にも悪い人、力を誇示するような人はいますが
全体として、礼儀正しく、規律を守り、和をもって尊しとなすのが普通の日本人です。

これはイメージですけど、婦女子を力づくで連れてくる姿は
武士にあるまじき、武士道に反する行いのように思われます。


【櫻井よしこさんがすごい!】

ちなみに私は、これまで政治とか経済とか歴史とか
あまり興味がなくて、
だから、なんとなく朝日新聞は知識人が読むべきもので
知識人というのは左寄りの人で
右寄りの人は保守的で、
それはイコールいい印象を持っていませんでした。

櫻井よしこさんは保守的で右寄りの論客だと思っていた私は
なんとなく毛嫌いしていました。
したがって、これまで櫻井よし子さんの文章を読んだことはありませんでした。


人をレッテルで判断してはいけないな、
と改めて思いました。


そう。文章を読んでもいないのに、
レッテル=他の人の評価でその人を判断してしまう。
これがいかに危険なことか。


その評価した人が、まともに評価していれば、まだマシですけど
その裏に何らかの悪意がある場合などは悲惨です。


櫻井よし子さんの映像、第1弾です。

「櫻井よしこ氏 従軍慰安婦の嘘を暴く」
約15分の映像。

http://www.youtube.com/watch?v=6NiU_zGChB4

画像の質が悪いですけど
櫻井さんの冷静な語り口。

見事です。

櫻井さんは韓国側から何を言われても
圧倒的な知識量と根拠を示して見事に反論しています。

それなのになぜかNHKの司会者は話題を変えます。
私には、どうみても韓国側が不利になったから、としか見えません。

それでも全く動じることなく、常に堂々と論を展開しています。


テレビなどでは、論客が互いに熱くなって怒鳴りあうようなシーンがよく見受けられます。

しかし、議論というのはこうやってやるものだという見本を見せていただいているようです。


これまで正しいと思っていたものが、ガラガラと崩れていき
「保守的」「右傾化」というレッテルで良い印象を持っていなかった人たちの方が
どんどんまともに見えてくるようになっています。

また櫻井よしこさん第2弾、いきますよ。

プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。