スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【こんなものいらない!】その6 マスコミ

ちょっと大きな話題なんだけど、チャレンジしてみます。

マスコミって、権力者が一般大衆をコントロールするために使っているようなものだって思ってました。
ジョージオーウェルの1984で描かれているような世界。
あるいは、扇情的に報道する北朝鮮のテレビとかもそうだし、中国共産党なんかも情報がコントロールされているイメージがある。
題名は忘れたけど、映画の中なんかでも、そういう側面が描かれていたりする。

日本だってそういう側面はあって、記者クラブみたいなところで流された情報とか、〇〇関係者からリークされた情報とかによって、影響されてしまう。

東日本大震災の時の報道はひどかったよね。
正しい情報を流さないばかりか、ネットで流れている正しい情報を信じないように、みたいな報道がたくさん見受けられました。

それはそれで、ひどいもんだけど、まともな人は、だいたいそんなもんだって思ってくれていると思うんだけど、甘いかな?

中国の報道は統制されているけど、中国の人たちは、本音では信用していないから、本当の意味では洗脳されていない。
でも、日本人は、報道を正しいって信じてるから、逆にしっかり洗脳されてる、みたいな話を聞いたこともある。


でも、そういうことだけじゃないんだ。

実際マスコミの報道の仕方を、当事者として経験したことがあるかな?

はっきりいって、論理的、科学的な方法では報道してくれません。
何のことかっていうと、マスコミが報道したい方向性があるとすると、それに合わせて映像もインタビューも編集してしまいます。

全体として正しいことを言っていたとしても、編集することでイメージを悪くすることなんて簡単です。
相手から悪いイメージを引き出そうとしたときは、
話を聞くときでも、相手が話しやすいように聞くなんてことは、まずしません。
いかに相手から失言を引き出すか。
失言を引き出すことができたものなら、大成功。大スクープです。

そうやって、何人も、優秀な政治家などが、つぶされてきたように思います。

マスコミの方たちは、正義感をもって、それが正しいことだからって、がんばっているのかもしれないけど、優秀な政治家をつぶして得をするのって、官僚とか、外国とかでしょ。
日本の一般大衆が得をすることはないような気がするんだけど。

最近、初めて靖国神社に参拝しました。
靖国神社に政治家が参拝すると、大問題みたいに報道されます。
そういうことでなんとなくイメージが悪かったのかもしれません。
いろんな神社に参拝していましたが、何となく靖国には行っていませんでした。

でも、どんなところでも、実際に行ってみないとわかりません。

初めて靖国神社に参拝して、ご神体の鏡の前に座って参拝したとき
その圧倒的なエネルギーに素直に感動しました。

「凛の国」という本のことも以前紹介しましたが、学校教育とかマスコミとかが何となく流している、日本は侵略戦争をした悪い国だ、みたいなイメージ。
それがはたして本当なのかどうか。
一度、真剣に学んでみた方がいいと思います。

森前首相が、かなり以前「日本は神の国だ」と発言して、マスコミに叩かれたことがあります。

そのころは私も、何バカなこと言ってんだろうな、と思っていました。
正直言って、神道も、バカにしてましたから。
神道なんていったって、もともとは人間だった人を祀っているんでしょ、みたいな。

でも、伊勢神宮に参拝したとき
その圧倒的なエネルギーと存在感を肌身で感じたとき
日本は本当に神の国だったんだ、って感じたものです。

マスコミいらないの話から、神の国の話になってしまいました。(^_^;)

でも、見えない世界のことも、昔の日本の素晴らしさのことも、正しく伝えようとしないのがマスコミです。

マスコミなどから教えられる情報の中に、答はありません。

答は自分の中にあるし、正しい情報は信用できる人からもたらされるのです。
スポンサーサイト

【こんなものいらない】その5 facebookのハイライト

昔書いた投稿を探していて、ずっと遡って言ったんですけど見つからない。
あれ~、書いたと思ったんだけどな~と思って
他の人の記事から探していこうと思ったら、そちらも見つからない。

あれ~???

と思っていると、小さくハイライトってものが出てくるのに気づく。

なんだこれ?

クリックすると、すべての記事って出てくる。

ってことは、どこかのだれかか、コンピューターが代表的な記事を自動的に選んで
ハイライトだけを表示していたってこと?

こんな機能いらない。
というか、どういう基準で選ばれるわけ?
わけわかんない!

やっぱ、過去の記事、必要なものは自分の手元に管理しておかないとダメなのかな。

【こんなものいらない】その4 テロ対策を口実になくなったごみ箱

こんなものいらないシリーズ、第4弾
これは、ごみ箱がいらないのではなくて、ごみ箱が必要だということです。
ごみ箱を減らすテロ対策がいらない、ってことです。

テロ対策を口実に、駅のホームにあるごみ箱が極端に減らされてもう、何年にもなります。

知っている駅なら、どこにあるかわかるので何とかなりますが、
初めてだったり、あまり使わない駅などでは、本当にごみ箱が見つからなくて困ります。

日本人はまじめだから、駅もそんなに汚れませんが、
駅がゴミだらけになっても不思議じゃないです。

本当にごみ箱を減らすことが、テロ対策に有効であるなら、まあ仕方ありませんが、
どうもそうは思えない。
テロ対策を口実にした経費節減というのが本当のところでしょう?

もうちょっとごみ箱増やしてもらえないかなあ。

【こんなものいらない】その3  教科書検定

以前書こうとして挫折したテーマに再チャレンジ

「教科書検定」って言うと、いろいろな問題が絡んできてしまって、それを考慮していると、途中で書けなくなってしまった。

教科書がいらない、って言っている友だちもいる。
自分は教科書がいらないとまでは思わなかったんだけど、
「体制によって規制された教科書がいらない」っていうことだったのか。

だから、その意味で「教科書検定」なんていらないと。

今の時代、画一的な人間、体制にとって言うことを聞く都合のいい人間、
素直に指示に従う優秀な人間をつくり上げる教育ではいけないっていうことは、
かなりの人が感じているだろう。

教科書に答えが書いてあり、答えに早くたどりつけることが優秀だという教育。
それでは、未知のものにチャレンジしたり、
革新、イノベーションとやらをつくりだすことなんてできない。

教科書が必要か否かはまた別の問題だけど、

少なくとも、現在の教科書はいらないな。

【こんなものいらない!】その2 タバコ

現在タバコを吸っていらっしゃる方、および、JTの方には申し訳ないですが、いらないでしょ。

いま吸うようになってしまった人にとっては、なくては困る、ってことになるだろうけど、もともとなかったら、吸わなくてよかったわけでしょ。

最近は見なくなりましたが、昔の映画では、かっこいい俳優がタバコをふかしたりするのを見せられるわけでしょ。
そうすると、カッコつけようとしたり、大人ぶったりして吸うわけですよ。

今、タバコをなくせ、と言っているわけじゃないよ。
無理だろうから。

でも健康を害する可能性が非常に高いとわかっているものなのだから、もともとなくてもいいでしょ。
もともとなかったら、誰も吸ってないんだから。

もともとはタバコを売ってもうけようとした人たちが、ひろめたものだよ。

お金をはらって、自分の身体を汚して、被害者はタバコを吸っている人たちなのに。
でも、タバコを吸うのは個人の自由だ、とか、タバコ吸ったからって肺ガンになるとは限らないとか。

まあ、いいけどね。

ないほうがいいと思うんだけどなあ。(*^。^*)

プロフィール

パッチ

Author:パッチ
今年の6月10日に初めてスカイダイビングした時の動画です。

http://www.youtube.com/watch?v=pwpSB6lQlXU

プロフィール、更新中です。

最新記事

最新トラックバック

ご訪問ありがとうございます

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。